qooneLL DHAサプリ〜たらふく食べてもサラサラ生活〜

食べたいものを食べ続け、飲みたいものを飲み続ける。それでも健康に。

認知症は4人に1人、予備軍も!予防って出来るの?その方法とは

今や65歳以上の4人に1人、2025年には3人に1人が罹ると言われている認知症。さらに軽度認知障害と呼ばれる人も同数近くいるとされています。

私たちの誰もがなるかもしれない「認知症」。予防する手立てがあるのか、詳しく調べました。

認知症と物忘れ(老化)の違い

52c30c50c78b684364314ae4cc885d70_s
認知症とは、以前「痴呆症」と呼ばれていた病気のことです。実は「痴呆」という言葉は学術用語なのですが、差別的であるとの声が高まり、厚生労働省が提唱した言葉です。

「認知症」とは、「正常な知能が何らかの後天的な障害によって、正常レベル以下になった状態」のことを指します。老化による物忘れとは違います。

初期の認知症と老化による物忘れはなかなか素人にはわかりません。ですが、たとえば約束をしたのに忘れてすっぽかした場合に、物忘れの場合は言われれば約束したことを思い出しますが、認知症の場合は「約束したこと自体を忘れる」という違いがあります。食べたものを忘れるか、食べたこと自体を忘れるか、という違いです。

認知症と老化による物忘れの違いはこのようになります。

認知症 老化による物忘れ
原因 脳の神経細胞の変性や脱落 脳の生理的な老化
物忘れの自覚 自覚がなく、思い出せない 自覚があり、思い出せる
症状の進行 だんだん進行する あまり進行しない
判断力・理解力 低下する 低下しない
日常生活への支障 支障をきたす 支障はない

さらに、認知症の場合、忘れた部分に作り話が入って来ることがあります。

年を取ると忘れっぽくなるのは当たり前のことですが、認知症との区別をはっきり知っておかないといけませんね。

認知症とはどんな原因でなるの?

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s
主な認知症は以下のものです。これらのうちアルツハイマー型認知症が約50%、脳血管性認知症が約20%、レビー小体型が約15%とされています。

これら3つを三大認知症と呼び、全体の85%を占めています。

種類 原因
アルツハイマー型認知症 脳に異常なタンパク質が溜まり、脳萎縮が起こる
脳血管性認知症 脳梗塞や脳出血により起こる、血管障害による認知症
レビー小体型認知症 脳にレビー小体というタンパク質が溜まり、神経細胞が死滅する
前頭側頭型認知症 ピック球またはTDP-43という物質が神経細胞に溜まる
皮質基底核変性症 前頭葉と頭頂葉が萎縮する症状
クロイツフェルド・ヤコブ病 プリオンというタンパク質の感染で、脳が海綿状に変化する
アルコール性認知症 脳血管障害や栄養障害によって脳が委縮する

認知症=アルツハイマーという認識の人が多いと思いますが、実はこんなに種類があるんですね。
原因が違うと症状も違うのか、次から見て行きましょう。

アルツハイマー型認知症の特徴

088fecbdbbba950e3a3d73fa58bd1ff8_s
認知症の中で一番多いのがアルツハイマー型認知症と言われています。男性より女性に多い症状です。新しいことが記憶できなくなり、時間や場所がわからなくなって来ます。

これまで出来ていた料理の手順がわからなくなったり、同じものを買い込んだり、言葉がスムーズに出なくなります。また、徘徊や妄想などの症状が現われることもよくあります。

原因

脳にアミロイドβやタウという特殊なタンパク質が溜まることで神経細胞が壊され、減ってしまうため、神経を伝えられなくなるのが原因とされています。

これらのタンパク質は海馬と呼ばれる部分から溜まって行きます。また、神経細胞が減ってしまうと脳が委縮し、身体機能もだんだん失われて来ます。

海馬とは?

脳の記憶や空間学習能力を司る部位。特に新しい記憶は海馬にファイルされます。以前は脳細胞はどんどん減って行くものと考えられていましたが、最近の研究で認知機能を司る海馬は、運動によって一生発達することがわかって来ました。

脳血管性認知症の特徴

baac2d31b375f6b1bb2c3533f29f8a20_s
脳血管性認知症はアルツハイマー型認知症に次いで多いとされています。ただし、65歳未満に発症する若年性認知症の原因としては最も多い症状です。

脳の障害部位によって症状は違いますが、まだら認知症や感情のコントロールが出来ないなどの症状が多くなります。女性より男性に多く、一進一退を繰り返しながら悪化して行きます。

また、本人が認知症であることを自覚している場合も多く、本人にとっては最もつらい認知症だといえるでしょう。

原因

脳梗塞や脳内出血、くも膜下出血などの脳の血管の病気のために脳の血管が詰まったり出血したりして脳の細胞に酸素が送られなくなるために神経細胞が死んで起きる後遺症です。

脳の血管に問題がない部位の細胞は生きているため、アルツハイマー型認知症のように物忘れはひどくなっても、話の理解力はあるなど、まだらに症状が現われます。

また、ある時は出来ないことが、少し時間がたってやると簡単に出来るなどの症状が出ることもあります。

脳血管性認知症 アルツハイマー型認知症
発症年齢 60歳~70歳 40~60歳(平均51歳)
性別 男性に多い 女性に多い
発症と進行 急に発症し、一進一退で進行 少しずつ発症し徐々に進行
症状 まだら認知症、運動麻痺、歩行障害、抑うつ、感情失禁 記憶障害、失語、失行、失認、多弁、徘徊
物忘れの自覚 自覚がある場合が多い 早期に自覚がなくなる
脳の状態 小さい梗塞の多発、前頭葉の血流代謝の低下 海馬の萎縮、側頭、頭頂部の血流代謝の低下

脳血管性認知症の原因は血液ドロドロにありそうですね。生活習慣病の人は要注意ということになりそうです。

レビー小体型認知症の特徴

5155e6ca0a374fe4aeb5154eabb6c908_s
最近増えていると言われるのがレビー小体型認知症です。認知症というと「物忘れ」と考えがちですが、この認知症の場合「幻覚や錯覚」が多いのが特徴です。誰もいない場所に向かって話しかけていたり、虫や動物が部屋の中にいる、と訴えたりします。

また、勘違いも多く(誤認妄想)、結婚しているのに自分はまだ結婚していないと信じていたり、退職したのに会社に行こうとしたりする場合もあります。女性より男性に多く、約2倍と言われています。

原因

レビー小体と呼ばれる特殊なタンパク質が脳の広い範囲に溜まります。主に大脳皮質や脳幹に出来、徐々に脳の神経細胞が減って行く、進行性の認知症です。

レビー小体型認知症 アルツハイマー型認知症
発症年齢 75~80歳 40~60歳(平均51歳)
性別 男性に多い 女性に多い
発症と進行 少しずつ発症し徐々に進行 少しずつ発症し徐々に進行
症状 視覚認知障害、幻覚による妄想、睡眠障害、うつ症状、便秘、嗅覚異常、パーキンソン症状 記憶障害、失語、失行、失認、多弁、徘徊
物忘れの自覚 有る場合とない場合がある 早期に自覚がなくなる
脳の状態 側頭葉、後頭葉の血流低下、海馬の萎縮(アルツハイマー病より軽度) 海馬の萎縮、側頭、頭頂部の血流代謝の低下
パーキンソン症状とは?

パーキンソン病とそっくりの症状。

何もしていない時に手が震えたり、筋肉がこわばり動作が遅くなったり体の動きが減る、体のバランスが取れなくなる、走り出したら止まれなくなる、一度止まると次の一歩が出せないなど、運動機能に障害が出ます。顔の表情が乏しくなったり立ちくらみ、湿疹、便秘なども起こります。

幻覚が見えるのと、運動神経が侵されるのがレビー小体型認知症の特徴です。
認知症と一言で言っても色々な症状があることがおわかりいただけたでしょうか。

認知症を予防することはできる?

残念ながら、現在のところ認知症を発症する原因はわかっていません。そのため元の状態に戻す治療法も確立していない、というのが現状です。

ですが、認知症の脳の状態から、不足している栄養素がわかって来ており、それを意識して摂ったり運動で機能をアップさせることが認知症の予防につながるのではないか、と考えられています。

運動で海馬を刺激する

c6e2b7c019e4f488ea3b9a54bdd90cdd_s
アルツハイマー型認知症で萎縮する「海馬」は、運動によって生涯再生することがわかって来ました。ジョギング~早歩き程度の運動を1日10分、1ヶ月半続けるだけで認知機能自体がアップすることが臨床でわかっています。

コリン(ホスファチジルコリン)の摂取

5617ec5ff9c48ff370941b763e95cb85_s
神経伝達物質にアセチルコリンがあります。副交感神経や運動神経の末端から出る成分で、アルツハイマー型認知症患者はこのアセチルコリンが減少していることがわかっています。

そのため、アセチルコリンの材料となる「コリン」を摂取することで予防効果があると考えられています。

コリンは卵、牛肉、牛乳などに多く含まれていますが、アメリカでの1日推奨摂取量(男性550mg、女性425mg)に比べ、日本人は平均300mg程度と言われています。卵Lサイズ1個で215mg含まれていますので、毎日必ず卵を摂取するようにしましょう。

クルクミンの摂取

974ac12f2be1a87eb876c746e8e2938f_s
クルクミンは「ウコン(ターメリック)」に含まれるポリフェノールで、アルツハイマー型認知症の原因となるアミロイドβタンパクを消去すると言われています。

ただし過剰摂取は肝機能障害を起こすとされているので、肝機能に問題がある人は摂取を控えましょう。カレーなどで手軽に摂取できます。

血管を強くし、血液をサラサラにする

c0bff88dda1588e062b9e31c26d5c124_s
脳血管性認知症は脳の血管の病気によるものと考えられています。ですから、血管を強く柔軟にし、血液をサラサラに保つことでこのタイプの認知症を防ぐことができます。特に予防効果が高いのは、以下の食品です。

  • 青魚類…脳を活性化させると言われるDHAやEPAを豊富に含んでいます。
  • 野菜ジュース…野菜ジュースを週3回以上飲む人は、全く飲まない人に比べアルツハイマー病の発症が約1/3に抑えられるという結果が出ています。

はっきりした原因はわかっていなくても、何となく生活習慣病が認知症と関係があることは感じませんか?
やっぱり食っちゃ寝食っちゃ寝はダメみたい…

認知症に対する研究はどんどん進んでおり、症状を抑える薬剤も出来ています。ですが、現在のところまだ発症以前の状態に戻すほど効果のあるものはありません。

動脈硬化や血液ドロドロ状態が認知症の原因の一つであると言われていますので、食生活の改善や運動で認知症になる確率を少しでも減らして行きましょう。

DHA・EPAサプリメントの最新のランキング

 - 記憶力低下や認知症 ,