qooneLL DHAサプリ〜たらふく食べてもサラサラ生活〜

食べたいものを食べ続け、飲みたいものを飲み続ける。それでも健康に。

日本人の半数はお酒が合わない体質!でも飲みたい…どうしたら?

ご存知ですか?日本人の約半分は、アルコールが合わない体質だということを。「飲める」「飲めない」ではなく、たとえある程度飲めても「合わない」のです。

アルコールでなぜ酔うのか、日本人は何故アルコールが合わないのか、ご説明しましょう。

「飲める」のに「合わない」ってどういう意味でしょう?顔がすぐ赤くなるとか全然顔色が変わらないことと何か関係があるのでしょうか?

酔うメカニズムとは

55c23d3b8212e2d2fd59febcd895471c_s

アルコールを飲んだ時、そのうち約2割は胃に、小腸で残りの約8割が吸収されて、血液に溶け込み肝臓に運ばれます。

肝臓ではアルコールの分解が始まりますが、アルコールの一部は心蔵に送られ、そこから全身に運ばれます。

アルコールが血液によって脳に到達すると、脳を麻痺させ酔った状態になります。アルコールが脳に到達するまでには30分~1時間かかるとされています。

飲酒を続けると肝臓を素通りするアルコールが増え、血液中のアルコール濃度が上昇していきます。すると脳内のアルコール濃度も上昇し、脳の各組織を次々に麻痺させていきます。

社団法人アルコール健康医学協会による、アルコールの血中濃度と酔いの状態はこのようになります。

アルコール血中濃度 酒量 酔いの状態
爽快期
0.02~0.04%
ビール(中瓶~1本)
日本酒(~1合)
ウイスキー(シングル~2杯)
爽やかな気分になる
皮膚が赤くなる
陽気になる
判断が少しにぶくなる
ほろ酔い期
0.05~0.10%
ビール(中瓶1~2本)
日本酒(1~2合)
ウイスキー(シングル~3杯)
ほろ酔い気分になる
手の動きが活発になる
抑制が取れる(理性がなくなる)
体温上昇・脈が早くなる
酩酊初期
0.11~0.15%
ビール(中瓶3本)
日本酒(3合)
ウイスキー(ダブル3杯)
気が大きくなる
大声でがなり立てる
怒りっぽくなる
立つとふらつく
酩酊期
0.16~0.30%
ビール(中瓶4~6本)
日本酒(4~6合)
ウイスキー(ダブル5杯)
千鳥足になる
何度も同じことを話す
呼吸が早くなる
吐き気、嘔吐が起こる
泥酔期
0.31~0.40%
ビール(中瓶7~10本)
日本酒(7合~1升)
ウイスキー(ボトル1本)
まともに立てない
意識がはっきりしない
言語がめちゃめちゃになる
昏睡期
0.41~0.50%
ビール(中瓶10本超)
日本酒(1升超)
ウイスキー(ボトル1本超)
揺り動かしても起きない
大小便が垂れ流しになる
呼吸はゆっくりと深い
時に死亡することがある

もちろん個人差はありますが、大体このような状態です。

アルコールの種類による違いはないとされています。酔いは血中のアルコール濃度によって決まるので、種類ではなくアルコール度数と容量から割り出されます。チャンポンすると酔いやすいというのは、味が変わるため飲み過ぎてしまうからだと考えられています。

以上が、アルコールを摂取した時の酔いのメカニズムです。酔いというのはあくまでも脳の状態のこと。肝臓の状態が「二日酔いのメカニズム」です。

アルコールは体内でどう代謝される?

acbd1f74aae3532b96ec79667dbc9bde_s

アルコールを飲んでからの経路は以下のようになります。

  1. 吸収…約2割は胃に、小腸で残りの約8割が吸収され、血液で全身に回った後また肝臓に運ばれます。
  2. 代謝1…肝臓でアルコールの約9割がALDH1という酵素によって代謝され、アセトアルデヒドに分解されます。
  3. 代謝2…アセトアルデヒドはALDH2という酵素によって酢酸に分解されます。肝臓で分解されずに残ったアルコールは再度心臓に送られ全身に回り、肝臓に戻って分解されます。
  4. 排出…③で分解された酢酸は無害物質になっており、全身を回って水と炭酸ガスに分解されて排出されます。③で分解されなかったアルコールは汗、尿などとなり、排泄されます。
アセトアルデヒドとは?

アセトアルデヒドは血中アルコールが分解された時に出来る中間代謝物質ですが、アルコールの数倍害があると言われる有害物質です。吐き気、頭痛、顔面紅潮などの症状を引き起こし、肝毒性があります。シックハウス症候群の原因物質の一つでもあります。

アルコールに強い人と弱い人がいるのは何故?

アルコールをまるで水のように飲める人もいれば、グラス1杯のビールでもう酔いが回ったり気持ち悪くなる人がいます。この差はなんなのでしょうか。

酵素ALDH2の活性の差

酵素ALDH1とALDH2はアセトアルデヒドを分解する酵素ですが、働きが違います。

  • ALDH1…アセトアルデヒドが多い時だけ働く
  • ALDH2…アセトアルデヒドが少量でも分解作用がある

アルコールを飲んだ時に主に働くのはALDH2です。アセトアルデヒドの代謝速度は「活性型」「低活性型」「非活性型」に分かれ、「低活性型」は「活性型」の1/16の活性、「非活性型」はALDH2が全く働きません。

e93aa846bb32409c46658bd71d1a0065_s

日本人は遺伝的にこのALDH2の活性が弱いか欠けている人が多いとされています。「低活性型」が37~38%、全く代謝できない「非活性型」が6~7%といわれています。「低活性型」「非活性型」は黄色人種(モンゴロイド)特有の型で、白人や黒人は「低活性型」「非活性型」は0%とされています。

つまり、日本人の約半分は、有害物質アセトアルデヒドを分解する能力に欠け、少量のアルコールでも悪酔いし、二日酔いになりやすいのです。それだけならまだしも、アセトアルデヒドが体内に留まると、肝細胞に障害を与え、アルコール性肝炎肝硬変糖尿病を引き起こします。発がん性がある可能性も示唆されています。

体内の水分量の違い

6d282b5d72a7ca15f2fdb6fe47e52656_s

体内の水分量が多いほど、アルコールに酔いにくくなります。女性は男性に比べると体内の水分量が少ないため、男性に比べると酔いやすいと言えます。

また、加齢とともに体内の水分量が減って来ます。そのため、20代の時には飲めた量が加齢に従って飲めなくなって来ます。

体格による違い

8a7a84979709ce59c948ba7b50ecd733_s

体格が良い人は肝臓も大きいことが多いため、肝臓の働きが良くアルコールの代謝が早い傾向があります。概して女性が男性に比べてアルコールに弱いのは、体格や肝臓の大きさの差も関係していると考えられます。

ALDH2の活性度合いは遺伝で決まっており、後天的に増やすことはできないとされています。顔がすぐ赤くなるのはアセトアルデヒドが原因ですから、ALDH2の活性が弱いか失活していることが考えられます。極力控えたほうが良さそうですね。

訓練すればアルコールは強くなる?

210b0b614ebda0f1917ce338d90b3cc8_s

よく「アルコールは飲んでいるうちに強くなる」と言われます。「低活性型」「非活性型」の人でも、慣れればアルコールがある程度は飲めるようになります。ですが、これは薬物や毒物を解毒する作用のある「チトクロームP450」という別の酵素がALDH2の代わりをしてくれているのです。

チトクロームP450が使われるようになると薬が非常に効きにくくなり、解毒作用も低下します。またチトクロームP450によって少量のアルコールでは酔わなくなるため、飲酒量が増大します。ところがALDH2の働きは失活したままなので、アセトアルデヒドによる障害が現われます。アル中と呼ばれる症状の多くは、このチトクロームP450が原因とされています。

もう一つ、ALDH2の代わりをしてくれる酵素が「ミクロゾームエタノール酸化系酵素(MEOS)」です。これは肝臓の細胞の中に存在している酵素で、ALDH1・2が処理し切れなくなったアルコールの分解を助けてくれます。ですが、チトクロームP450と同様、肝臓障害の引き金になるとされています。

アルコールの害を少しでも抑えるために

f88e326d5376cb4b66c093c13f74cc69_s

いくらアルコールに弱いといっても、社会に出るとどうしても飲まなくてはいけない時もあります。アルコールの害を少しでも減らす栄養素や食べ物を摂るようにしましょう。

目的 栄養素 食べ物
脱水防止 水分 ミネラルウォーター、緑茶
水分+塩分 みそ汁、野菜たっぷりのスープなど
肝機能強化 スルフォラファン ブロッコリー、カリフラワー、菜の花、大根、きゃべつ、カイワレ大根
クルクミン ウコン
アセトアルデヒド分解促進 アラニン しじみ、あさり、カニ、海苔、レバー、鶏肉
グルタミン 小麦粉、海藻、大豆、肉、魚、卵、チーズ
タウリン 牡蠣、イカ、タコ
オルニチン しじみ、ヒラメ、まぐろ、チーズ
メチオニン 牛肉、鶏肉、羊肉、マグロ、かつお、牛乳、チーズ、大豆製品、ナッツ
セサミン ゴマ、ゴマ油
アルコール吸収を遅くする 脂肪 マカデミアナッツ、くるみ
アルコール代謝促進 パンガミン酸 穀類(無精白)、かぼちゃの種、ゴマ、ビール酵素
クルクミン ウコン

普段から肝機能強化に努め、アルコールを飲む前にアルコールの吸収を遅くしたり代謝を促進させるものを、飲んだ後はアセトアルデヒドの分解を促進するものを摂るようにして、少しでもアルコールの害から肝臓を守ってあげましょう。

ドラッグストアで飲む前や飲んだ後用のサプリがたくさん販売されていますから、そういった商品も必要に応じて利用すると良いですね。いつも机やバッグにしのばせておきましょう。

研究によると、黄色人種にアルコールに弱い人が多いのは、元々は突然変異だったそうです。ALDH2低活性型と非活性型の割合が、日本人が約44%なのに対し、中国人は41%、フィリピン人13%、タイ人10%。日本人はなんだか損していますね…。でも、遺伝子を恨んでも仕方ありません。ずっと楽しくお酒をいただけるように、何とか食事で肝臓をいたわってあげましょう。

DHA・EPAサプリメントの最新のランキング

 - 中性脂肪を減らす・下げる , ,