デブにはデブの着こなし方がある!デブだからこそ似合うスーツの着こなし方ポイント5つ

224161-4-1

デブはスーツが似合うと言われる。気休めだろうが、何となくその気になってきてしまう。肩幅がガッチリした人がスーツが似合うというのだから、デブがスーツが似合うというのも一理あるのではないか。

現にかっこよくスーツを着こなすデブもいる。そんなデブを見習って、デブのためのスーツの着こなし方をご紹介しよう。

 

 

スーツはジャストサイズを選ぶべし!

6407-1

ミッド・インターナショナル より引用

どうしても大きめサイズを選びがちですが、ダボついてさらにふくよかに見えてしまうので、ジャストサイズを選びましょう。

nanapi [ナナピ] より引用

我々デブは窮屈さを嫌ったり、先を見据えてつい大きめのサイズを買いがちだ。しかし、ファッションの基本はその人に合った服装をすることだという。

自分の体型にぴったり合うジャストフィットサイズを着る方が、かえってゆったりサイズを着るよりもぽっちゃり体型をカバーしてくれる。

また、スーツの丈が長過ぎると、胴の長さと足の短さを強調してしまうので、尻が隠れるぐらいの長さがベストだ。

 

首もとのVゾーンをすっきりと!

5590-1

ミッド・インターナショナル より引用

首もとのVゾーンをすっきり見せることが大切。例えば、2つボタンのものを選ぶなど、Vゾーンにゆとりを持たせてください。

nanapi [ナナピ] より引用

開襟部分のVゾーンの面積が狭いと、窮屈に見えてしまう。また、Vゾーンが広い方が腹の出っ張りをカバーしやすく、全体的にすっきりとした印象を与えてくれる。

1番下のボタンを外すこともスーツの着こなしのポイントだ。きれいなシルエットをキープすることができる。

 

シャツ合わせもスーツの着こなしの重要なポイント!

6351-1

ミッド・インターナショナル より引用

ストライプ柄のアイテムは体のラインを縦にスッキリと見せてくれる効果があるので、ぽっちゃりをカバーするには最適です。

着こなしガイド より引用

シャープなストライプを効かせると、さらに効果的だ。ストライプでも幅が広いと膨張してしまうらしい。

また、暗めになりがちなスーツに青やピンクなどの明るいシャツを合わせると、爽やかで清潔感のある印象を与えることができる。中に着るシャツは、丈の長いもの、厚めのものを選ばないようにすることもポイントだ。

 

痩せて見える色を活用するべし!

4830-1

ミッド・インターナショナル より引用

チャコール系や濃いめのブルーなど痩せて見える色を意識して取り入れてみてください。こちらも全体を同系色でまとめて、全体の調和で細く見せる努力を

  日刊SPA! より引用

着痩せ効果を考えるなら、暖色系より黒、青、青緑、濃紫のような寒色系の収縮色が効果的だ。また、グレーを選ぶ場合はライトグレーではなくダークグレーやチャコールのような濃い色の方が効果がある。

 

きつかったら、ボタンは外してもO.K!

6040-1

ミッド・インターナショナル より引用

サイズに余裕がない場合はボタンを留めない。

言うまでもなく、ボタンに負荷が掛かり過ぎる上に窮屈そうなシワが出てしまいます。
また、それにともなってお腹の膨らみが目立ってしまうので注意して下さい。

デブファッション+  より引用

無理してボタンなど留めず、ノーネクタイでジャケットを羽織り、カジュアルな印象に仕上げるのもアリだ。ボタンも外れずに済み、飛んで行ってなくなることもないから経済的である。


いかがだったろうか。色々な着こなし方があるが、あまり難しく考えず気楽にファッションを楽しんでいただきたい。