【デブが乗るからこそかっこいい】重量級なイケメン車10選

debu car1

俺たちデブは基本的一般人よりも体がでかい。

俺は身長が174㎝なので、どちらかというとでかいデブだが、中には150㎝のデブもいるだろう。

でもそんな人でも同じ150㎝の細い人と比べればでかい。

服も細い人ならMのところをXLとか買わなくちゃならない。

 

これと同じことが車にも言えると思うんだよ。

デブなのに軽になんか乗れないだろ?

だって重なんだぜ?

そんなんじゃこの脂肪に申し訳が立たねえよ。

そこでだ、世の中にはこんなに俺たちの体に合わせてくれた車があるんだぜって話をしようと思う。

もちろん高級車ばっかなんだけど、今後の買い物の参考になればうれしい。

デブガイの称号「ハマー」H2

debu hammer

luxzより引用

 

ハマーのH2はまさにゴツイデブって感じでたまらねえよな。

サイズの大きさは尋常じゃない。

横幅はマイクロバス並みで長さはなんと5mだ。

まさにオシャレな乗用車って感じのトヨタのアクアの全長が大体4m、プリウスで4.5mだから圧倒的な差だと思う。

その包容力たるや、まさにデブガイだ

車高も高くて、運転席からはほとんど車体の足元は見えない。

俺の足元が脂肪で見えないのとおんなじだ。

これで親近感がわかないなんて言ったらウソだろ?

 

価格帯はカーセンサーネットで228万円から1188万円だ。

たけえ!

デブの、デブによる、デブのための、「リンカーン」ナビゲーター

debu rincaln

 

ヒデポンの日記より引用

1863年11月19日、アメリカのペンシルバニア州ゲティスバーグであった演説を知ってるか?

その時にこんな有名なセリフが生まれたんだ。

「人民の、人民による、人民のための政治」

このスピーチをしたのが当時の大統領エイブラハム・リンカーンだった。

 

リンカーンブランドの代表的なナビゲーターの現行モデルは2007年から販売された。

エンジンは5400㏄のV型8気筒SOHC3バルブ、最高出力は304馬力のフルタイム4輪駆動、車重は最高2830kg。

とんでもねえ、デブだ

 

全長はロングベースで5.6mを超え、全幅も2mを超えてる。

ドア内側は全面ライトウッドパネル、オーディオはウーファー付6連 CDチェンジャー搭載の14スピーカー。

とにかく内装も外装もゴージャスだ。

こんな車に乗るんなら、俺たちデブも相当ゴージャスになるだろうな

カーセンサーでの価格帯は100万円~543万円。

ハマーよりは安いな……。

もう存在感しかない「メルセデスベンツ」Sクラス

Mercedes-Benz_W221_S600_long_security_police

Wikipediaより引用

 

1972年から現在に至るまで、メルセデスベンツのフラッグシップモデルとして君臨してきたSクラス。

もちろんその存在感はデブに負けず劣らず(!)、とんでもない。

S600ロングの排気量はなんと5980㏄、馬力は530馬力。

530頭の馬が走ってるんだぜ。

全長は5mを軽く超えていて、全幅も190㎝を超えてる。

スーパーなデブ車だ。

リンカーンよりはスマートだから、相当なイケメンデブだな。

これだけ馬力があればどんなデブが乗っても、軽く、スムーズに走ってくれるだろう。

 

カーセンサーでの価格帯は836万円~1970万円だ。

値段までとんでもねえ存在感だぜ!

デブでも侍魂は忘れない「レクサス」LS600h

rekusaksu

TOKYO AUTO SALONより引用

 

われらが日本のトヨタが海外展開するブランド「レクサス」。

このサムライブランドにも当然デブ車がそろっている。

例えばLS600hだ。

全長は当然のように5mを超えていて、全幅も187.5㎝だから相当なおデブちゃんだ。

4968㏄V型8気筒DOHCエンジンが俺たちの重厚な体を軽く運んでくれる。

フライドポテトを食らっても、フライドチキンをかみちぎっても、俺たちの魂は日本にある

それを示すにはもってこいの一台だぜ。

 

カーセンサーでの価格帯はLSシリーズで152万円~1068.7万円。

切れ味鋭い値段だ。

まとめ:デブ車はデブを軽々と運んでくれる

uma

GATAGより引用

 

 

ダイハツの軽自動車で人気車種のタントカスタムの排気量は658㏄だ。

馬力は64馬力。

 

こんなんじゃ俺みたいなデブを運ぼうと思ったら、エンジンがひいひい言っちまう。

それに対してここで紹介したデブ車のパワーは、俺の体重なんかホコリくらいにしか感じないはずだ。

デブだって車に乗る時くらいスイスイ移動したい。

やっぱり軽じゃダメなんだよ。

 

デブ車を乗りこなせるようなデブになりたいもんだな。