錦糸町『麺魚』行きタイ!食べタイ!啜りタイ!端麗かつ芳醇な真鯛ラーメンは最高ですタイ !

IMG_6072

とある日曜日の昼下がり、まんまるボディを活かしてゴロゴロ転がりながらテレビを観ているとラーメン特集が組まれていました。

「うんうん、いいよねこの店。あ~、ここもおいしいんだよね~。おっ、ここは知らないぞ。今度行ってみよう。」

などと独り言をつぶやきながら観ていると、ラーメン欲がムクムクと……!

「うわ~っ!もうダメだ!ラーメンが!おいしいラーメンが食べタイ!!!」

気持ちの暴走を止められなくなった僕は、そのままゴロゴロと転がって勢いよく家を飛び出したのでした。

食べたい!タイ…?鯛!

IMG_6082

おいしいラーメンが食べタイ!ということで、やってきたのは錦糸町にある『真鯛らーめん 麺魚』です。

愛媛県宇和島産の真鯛を使った鮮魚ラーメンを提供しているお店で、2016年1月のオープンと同時に話題になり、瞬く間に人気店へと成長。お店の前には常に行列ができていて連日完売するほどなのだとか。

僕が到着したのは15時くらいだったのですが、軽く40人超の長蛇の列ができてました。お、おう。

IMG_6079

お店の外壁には大きな鯛のイラストが描かれていて、とても目立っています。まあ、それ以上に行列が目立ってますけどね……。

IMG_6081

並んで待つこと2時間半!やっとお店の中に入ることができました。

清湯系の真鯛ラーメン白濁系の濃厚真鯛ラーメンがあります。ギリギリまで悩みましたが、今回は『麺魚』の定番である真鯛ラーメンと雑炊のセットをチョイスすることに。

鯛の良さが詰まってますタイ!

IMG_6074

ついに真鯛ラーメン雑炊セットとのご対面!ラーメン丼からフワッと鯛の芳ばしい香りがします!

IMG_6075

ピンク色のチャーシューに店主の地元である船橋から直送されるという小松菜、真鯛のほぐし身がトッピングされ、すりおろした柚子皮が添えられています。

鮮やかで品を感じさせるビジュアル!ん~!ビュ~ティフォ~!

IMG_6065

黄金色のスープは真鯛の頭とカマを丁寧に下処理してすり潰し、そこに鶏を一割ほど加えて炊き上げたものだそう。

端麗でありながら鯛の出汁が濃厚!香味油にも鯛油を使っていて鯛の芳醇な香りが広がります!

IMG_6072

チャーシューは真空低温調理したものを、専用のスモーカーを使って真鯛の身と一緒に桜チップで燻してあるとのこと。スライサーで薄切りにされていて、レアで柔らかな口当たりとスモークの芳ばしさは端正な真鯛のスープとの相性も抜群だよ~!

IMG_6067

麺は北海道産の小麦を100%使用した中細のストレート麺。石臼挽き全粒粉に由来するつぶつぶが見られます。

麺の表面がザラザラしているので真鯛のほぐし身やスープがよく絡んで、鯛を存分に堪能できちゃいます!

IMG_6068

まだこれで終わりではありません!

麺を食べ終えたら残ったスープにごはんを投入、チョイとワサビを溶いたらお待ちかね!鯛雑炊の完成です!

良さ!ラーメンとはまた違った良さがあります!いや、良さしかない!華やかで味わい深い鯛の良さが余すことなく詰まってる!あっという間に平らげました!(タイだけにね!)

真鯛ラーメンまた食べタイ!

IMG_6077

じっくり炊き上げた真鯛ダシのスープに真空低温調理されたレアチャーシュー、スモークされた真鯛のほぐし身、全粒粉を石臼で挽いた麺。ひと手間ひと手間を丁寧に加えることで、それぞれの食材が持つポテンシャルを最大限まで引き出しています。そしてそれらが融合し調和することで完成する『麺魚』の真鯛ラーメン。

おいし過ぎるラーメンを前に思わず饒舌に。僕の少ないボキャブラリーも最大限まで引き出されました!

お店は平日は19時くらい、休日だと16時くらいにスープ切れで閉まってしまうことが多いようです。早めの時間帯に訪問しタイところですね!

基本情報
名称:真鯛らーめん 麺魚
住所:東京都墨田区江東橋2-5-3 井上ビル1F
アクセス:錦糸町駅から徒歩7分
営業時間:11:00~売り切れまで
定休日:月曜日
電話番号:03-6659-9619
参考サイトURL:https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13208237/