【伊豆グルメ日記・4軒目】伊東『うめはら』旅館もいいけど居酒屋もね!地元に根付いたお店で地魚を肴にチョイと一杯

IMG_6127

ラーメン、うなぎ、ハンバーグと回ってきた伊豆グルメ旅行1日目。すっかり暗くなってきたので宿に向かうことにしました。今夜の宿は伊東温泉です。

車を走らせること1時間半ほどで旅館に到着。チェックインを済ませたら、そのまま伊東の街へと繰り出しました。

まだまだ食べるぞ~!

独身の地魚?

IMG_7324

やってきたのは、割烹 居酒屋『うめはら』です。

旅館の近くで地元の食材を使った料理が食べられるお店を事前に調べておいたのでした。

IMG_7319

こちらがメニューの一部になります。普通の居酒屋メニューですが地魚を使った料理がチラホラとあるのが嬉しいですね。

刺身の盛り合わせが1人前~4人前で長男、次男、三男、独身となっているのが面白いです。独身て(笑)

地魚を肴に地酒を呑る

IMG_7320

車の運転から開放され、やっとお酒が飲めます。

氷がゴリッと付くほどキンキンに冷えたジョッキでビールをキューッ!

うま~い!

そこへ、お通しに出てきたのがマンボウのひゃくろと呼ばれる腸の酢味噌和えで、いきなり意表を突かれます。伊豆のグルメは旅行に出る前にかなりチェックしたのですがマンボウはノーマークでした。

調べてみたところ静岡県内でも伊東はマンボウの水揚げが最も多いらしいです。スーパーでもお刺身や肝などが売っていて普通に食べる習慣があるのだとか。

味は淡白でコリコリとした食感。お料理を待つ間のアテにちょうどいい感じです。

IMG_7312

独身こと刺身の盛り合わせ1人前です。

脂の乗りまくったブリ、身がめちゃめちゃ甘い金目鯛、コリコリした食感のサザエなどなど地元の魚介がたっぷり!

独身で1人前とのことですが、ちょっと飲むには十分すぎる量です。

IMG_7314

この脂のサシがたっぷり入っているのが写真で伝わりますでしょうか。

口に入れるとトロッととろけてたまらんですタイ!(ブリです)

余談ですけど、独身を注文しましたが僕自身は新婚です。独身を卒業しました。やっぴ~!

IMG_6127

ここでの一番のお目当ては金目鯛の煮つけです。

お刺身にも入っていましたが、金目鯛は伊豆が漁獲量日本一!

しかも伊東の隣の稲取で獲れる金目鯛は稲取キンメと呼ばれ他の地域で獲れる金目鯛よりも脂の乗りが高いのです!ということで、伊東に来たからには金目鯛ははずせません。

金目鯛は甘く煮付けてありますが、タレの甘さに負けないほどの旨みがあり身がキュッと締まっていて美味!金目鯛の煮つけを肴に静岡のお酒をキュッと呑るのもオツなんじゃないのこれ~。

地元民に愛される店のよさ

IMG_6132

旅館の夕食は地元の食材を使ったいろんな料理が一度に楽しめていいのですが、いわゆる「観光客向けのもの」という感じも否めないことも多いので今回は夕食なしのプランにしました。せっかく知らない土地に来てるのだから、こうやって地元に根付いているお店に入ってみるのも、また一興なんじゃないでしょうか。

ただ、旅館の朝食は普通のごはんなのですが、雰囲気も含めてすごく好きなのでつけました。

旅館の普通の朝ごはん最高!!!

基本情報
名称:うめはら
住所:静岡県伊東市猪戸1-1-10
アクセス:三島駅から徒歩5分
営業時間:17:30~23:30
定休日:木曜日
電話番号:0557-36-2926
参考サイトURL:https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220503/22002546/