【伊豆グルメ日記・1軒目】湯河原『飯田商店』知ってた?神奈川ナンバーワンのラーメンは湯煙ただよう温泉街にあることを!

image

伊豆へ温泉旅行にいってきました!

温泉旅行とは言ったものの、旅行の醍醐味はその土地の料理を楽しむことにあると思っているので、実質グルメツアーです。グルメとグルメの合間についでに温泉に入ったくらいの感じ。

そんなわけで、今回の旅行記を「伊豆グルメ日記」と題して紹介していこうと思います~!

神奈川ナンバーワンラーメン!

image
伊豆グルメ日記と題しておきながら、1食目は湯河原です(笑)

伊豆に向かう途中で寄り道しました。その訳は、神奈川県ナンバーワンと言われるラーメン店が湯河原にあるからなのです!

それがこちら!『飯田商店』です!

image
醤油らぁ麺、塩らぁ麺、つけ麺といったラインナップから、醤油をチョイス。わんたん入り醤油らぁ麺を注文しました。

席について待っている間に店内を見渡してみると、お店の奥にある製麺所に佐野実氏の写真が飾られていました。

極上のラーメンに感動

image
店内をキョロキョロしているとわんたん入り醤油らぁ麺が運ばれてきました。透き通った琥珀色のスープに丁寧にそろえられた麺が美しい……!そして、目を引く謎の黒い物体!?

これ、黒いのもわんたんなのです。白は鶏わんたん、黒は豚わんたんなのだそう。細部までこだわりが感じられますね。

image
レンゲでスープをすくうとすでに芳醇さが伝わってくるかのようです。

スープの素材は鶏と水のみ。比内地鶏、名古屋コーチン、山水地鶏の丸鶏と鶏ガラで出汁をとったスープに厳選された6種類の生醤油を合わせた醤油ダレを加えられています。

輪郭がぼやけないクッキリとした味わいでありながら、身体に深く染みわたる優しいスープ……!100点です!

image
麺は中細ストレート。細麺でありながらプルプルもちもちとした食感。佐野実イズムを感じさせるやや平麺寄りのしなやかな麺は、極上のスープと相まってスルスルと僕の中に吸い込まれていきます。う~ん、100点!

image
チャーシューは2種類。

1種類目はさがみ豚のシキンボウを特製ダレに漬け込んでオーブンで焼き上げたモモ焼豚です。シキンボウはモモ肉の中でも繊維が粗く弾力性が強い部位。薄切りにして程よい歯ごたえと焼き目の芳ばしさがいいアクセントになっています。

もう1種類はさがみ豚のロースを低温調理で仕上げたロースチャーシュー。しっとりとしていて柔らかく豚肉の旨味をしっかりと感じることができます。

2種類とも全然違うけど、それぞれのおいしさがあって、これまた100点です!

image
鶏肉の白わんたんです。厚めの皮に包まれているのは淡海地鶏のモモ肉と胸肉。肉がたっぷりギューッと詰まっていてとってもジューシー!

image
豚肉の黒わんたんは希少な純血種の純枠金華豚を使用。最高級中華食材の原材料にも使われる金華豚を使ったわんたんは、肉の味がしっかりしていて言わずもがなのおいしさです!

2種類のわんたんはこれまたそれぞれ違った味わいがあって100点!いや、200点です!

終わりなきラーメンの旅

image
毎日7時、8時、9時、10時、10時半に整理券が配られ、10:50に回収。整理券を持っていない人はその後に並ぶというシステムになっています。

湯河原というなかなか行けない場所にあって営業時間は11時から15時のみ。しかも、常に行列が絶えないというハードルの高さがとんでもないことになっています

しかし、高ければ高い壁の方が登ったとき気持ちいいもんなとミスチルも歌っている通り、その高いハードルを乗り越えた先にはとんでもなくおいしいラーメンが待っているのでした。う~ん、300点!!!

基本情報
名称:らぁ麺屋 飯田商店
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2-12-14
アクセス:湯河原駅から徒歩12分
営業時間:11:00~15:00
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)
電話番号:0465-62-4147
公式サイトURL:http://r.iidashouten.com/