板橋『馬の串ん』馬もウマいよ!トンがないならウマを食べればいいじゃない!

image

豚肉の生食が規制されて久しいブヒね。牛レバーの生食規制がされてからはモウ数年が経とうとしています。

それでもやっぱり生肉が食べたい。生肉のあの弾力、生レバーのとろけるような食感、ドーンと伝わってくる肉の甘み。あの感覚が忘れられないんだ。

どこかに生肉が食べらるところはないだろうか。もちろん法の範囲内で。って、そんなウマい話はあるわけな……

!!!

馬だ!!!

生肉中心の馬肉専門店

image
はい!というわけで、板橋駅前にある『馬の串ん』にやってまいりました~!こちらは生肉を中心とした馬肉料理専門店なのです!

image
店内の明かりが赤ちょうちんを模した赤い照明なのでメニューの写真を撮ったら真っ赤になってしまいました。

それはさておき、こちらの串メニューはすべて生肉なんですよ~!普通のメニューもきんぴらゴボウ(馬肉入り)、マカロニサラダ(馬肉入り)といった感じに隙あらば馬肉を入れてきちゃうあたり、シビれますね。

馬肉料理のオンパレード

image
ビールを飲みつつ待っていると、まず運ばれてきたのはマカロニサラダ(馬肉入り)です。

マカロニサラダの中に焼いた馬肉がゴロゴロ!そして、ちょっと甘みがあってコク深いドレッシングがかかってます!何これ超うまい!

前菜としてジャブ的に頼んだつもりだったのにいきなり強烈なフックを食らった気分です!

image
今回のお目当ての生肉です!肩ロース!モモ!バラ!サーロイン!

こ、これはまさしく我らが追い求めていたお宝!生肉!にんにく醤油をチョイとつけてペロリといただきます!

やわらかいロース!肉々しいモモ!脂身たっぷりのバラ!とろけるサーロイン!

生肉サイコー!!!

image
さらに追い討ちをかけるようにレバ刺し~!

口の中でデロンととろけてブワ~ッと広がる濃厚レバー!すご~い!うま~い!久しぶりのこの感覚!たまら~ん!

image
こちらは馬肉のタタキ!生肉を食べてもうこれ以上おいしいものはないと思ってたのですがまだまだありました!

馬肉の表面をジュワッと焼いたタタキです!肉の旨みをしっかり閉じ込めて甘辛なタレで味付けされておいります!

ローストビーフの馬バージョンとでも言いましょうか。ごはんに乗せたら2億杯くらいはイケますよ、これ!

image
最後は馬肉の激辛スープで締めます。

焼肉屋さんに出てくるカルビクッパスープの馬肉版。スープはしっかり辛いけど卵が入っていてほどよくマイルドになっています。

馬肉はホロホロとほどけるほどにやわらかく煮込まれていてたまりません!

ウマヒヒーン!

馬もウマいな~。

馬肉はあっさりしていて牛肉や豚肉にくらべると物足りないというイメージがあったのですが、そんなイメージは完全に払拭されました。しかも『馬の串ん』は一品一品がしっかり量があるのに串刺し190円、マカロニサラダ290円、馬肉のタタキ380円とお値段もかなりリーズナブルなんです!

これはまた行くしかないね!

基本情報
名称:馬の串ん
住所:東京都北区滝野川7-2-6 白井ビル 2F
アクセス:板橋駅から徒歩30秒
営業時間:17:00~25:30
定休日:不定休
電話番号:03-6903-5780
参考サイトURL:http://tabelog.com/tokyo/A1322/A132201/13146883/