銀座『グリルスイス』カツカレー発祥の店!伝統のカツカレーはやはりうまかった!

image

仕事の用事があって銀座に行ったので、ついでにランチをしてきました。

どこに行こうか迷ったのですが、最終的に僕が選んだのはこちら!1947年創業の老舗洋食店の『グリルスイス』です!

なんと、こちらのお店はカツカレー発祥の店なんですよ~。

創業者は帝国ホテル出身

image
銀座駅から歩いてすぐのところに『グリルスイス』があります。レトロでいい雰囲気。銀座といえばハイソサエティで洗練された街というイメージが強いですが、昔からある老舗もたくさんあるんですよね。

image
ハンバーグ、ハヤシライス、カニクリームコロッケなど洋食の定番メニューがずらりと並んでいます。創業者である先代は帝国ホテルで修行を積んでおり、その味はお墨付き。そしてその味は伝統として今もしっかり受け継がれています。

どれも惹かれますが、やはりカツカレー発祥の店ということで名物である千葉さんのカツレツカレーを注文しました。

千葉さんのカツレツカレー

image
まずはセットのスープが運ばれてきました。クラムチャウダーです。優しい味で癒される~。

image
スープを飲んで落ち着いたところで千葉さんのカツレツカレーがやってきました!これはなかなかのボリュームですぞ!

ちなみに「千葉さん」というのは、カツカレーを考案した元巨人ジャイアンツの千葉茂選手のことです。千葉さんは『グリルスイス』の常連で、あるとき「カレーにカツを乗せてくれ」と言ったのがきっかけでカツカレーが誕生したそうな。

image
カツはこんな感じ。ブラウンの衣にダークブラウンのカレーがかかっています。茶色×茶色の組み合わせに胃袋のボリューム急上昇。おいしいものはだいたい茶色いですからね!

もう我慢できない!早く食べましょ!

image
カツとカレーとごはんをバランスよくスプーンに乗せてパクリ!

カツはカリッとしっかり揚がっていて、コクのあるビーフカレーがよく合います!

ん~、間違いない!デリ~シャス!

元祖なんだから当たり前なのだけど、薄めのカツレツに欧風のビーフカレーという組み合わせはザ・洋食店のカツカレーという感じがしてたまりません!

添えてあるキャベツの千切りがまたいい仕事をしてます。合間にちょいと箸休めならぬスプーン休めにつまむのにちょうどいい。

カツカレーのある世界でよかった

image
食後にコーヒーをいただきました。ビスケットが1つ付いてくるのがまたいいです。

カツレツ×カレーというナイスな組み合わせ。今では当たり前のようにどこにでもありますが、あのとき千葉さんが「カレーにカツを乗せてくれ」と言っていなかったら、現代においてもカツカレーは存在していなかったのかもしれません。カツカレーの存在しない世界……考えただけでゾッとしますね。

千葉さん、カツカレーを考えてくれて本当にありがとう!

基本情報
名称:グリルスイス
住所:東京都中央区銀座3-5-16
アクセス:銀座駅から徒歩3分、有楽町駅から徒歩7分
営業時間:11:00~20:00(月曜のみ11:00~17:00
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)
電話番号:03-3563-3206
公式サイトURL:http://ginza-swiss.com/