【東京とんかつファイル02】武蔵小山『たいよう』とんかつなのに軽い!?もち豚とんかつは格別のおいしさ!

image

都内のとんかつの名店をめぐるシリーズ「東京とんかつファイル」第2回は武蔵小山にある『たいよう』にやってまいりました~!

『たいよう』の特徴は何といってもブランド豚であるもち豚を使用していることです。もち豚……もうその名前だけでモチモチしてそうでおいしそうじゃないですか?(そういうことではない)

今回はそんなもち豚とんかつの魅力を余すところなくお伝えしたいと思います!いざっ!

とんかつ職人の技が光る

image
武蔵小山駅からアーケード街を進んでいき、ちょっと脇に入ったところに『たいよう』はありました。

平日の夜、早めの時間に訪れたところ待ちなしですんなり入ることができました。ただ、店内では予約の電話がちょいちょいなっていて、後から来たお客さんをお断りしていたりもしていたので、事前に予約してから行った方が確実かと思います。

image
店内はカウンターのみ8席。こじんまりとしつつも綺麗で品のある雰囲気です。

メニューは写真の通り。ロースカツ定食を注文しました。カウンター席なので注文を受けてから肉を叩き、衣をつけて揚げるという工程を目の前で見ることができます。こういうプロの手さばきを見るの好きなんですよね~。ご主人の丁寧な仕事っぷりに期待は高まるばかりです。

これがもち豚の実力……!

image
綺麗なきつね色に揚がったとんかつをサクッ、サクッと手早く、それでいて丁寧に切るご主人。最後にとんかつの切り口の色を確認してお皿に盛りつけます。

「お待たせしました。ロースカツ定食です。」

はい!待ってました!もち豚ちゃん!

image
こちらがメインのロースカツです。なんという美しさ……!

image
断面もほんのりピンク色でこれまた美しい……!それでは、早速いただきます!

image
サクッ、ジュワッ、スッ……。

ほえええぇぇぇ~!脂が軽い!

脂身が口の中でサッと溶けてスッと消えていきます!

肉質はやわらかくてしっとりしています!きめ細かくて上品な歯触り!そこに追い打ちをかけるコクと甘み!うまい!これがもち豚の実力なのか!

ごはんだ!ごはんを持て~い!(左手に持ってます)

モチモチのもち豚とんかつ

「東京とんかつファイル」第2回は武蔵小山の『たいよう』からお届けしました。もち豚とんかつ、いかがでしたでしょうか?はい!おいしかったです!

もち豚はしっとりとしていてやわらかくて、気持ち的な問題かもしれないけどモチッとしているように感じました。ひとえに「豚肉」と言ってもその種類によってこんなにも食感に違いがあるものなのかと驚かされました。

モチモチした(?)もち豚とんかつ、ぜひ一度ご賞味あれ!

基本情報
名称:たいよう
住所:東京都品川区小山3-22-7 メゾンいずみ1-112
アクセス:武蔵小山駅から徒歩5分
営業時間:11:30~14:30、17:30~20:30
定休日:月曜日、金曜日
電話番号:03-3786-1464
公式サイトURL:http://luckies.fc2-rentalserver.com/taiyo/index.php