安上がりでお腹満足”白菜鍋”で身も心も懐も温かく!

nabe

nabe

冬になると安くなる”白菜”

これでお腹を満たせば、家計も大助かりです。

特に目立った栄養素は無いみたいですが…抗がん作用と予防が期待できるとか。

nabe1

流石に白菜だけでは味気ないので、豆腐・椎茸・ネギ、お肉を少し入れた鍋にします。

特に味付けはしません。

茹でるだけって感じですね。

ポン酢or胡麻ダレ、もしくは麺つゆ(ラー油入)で食べます。

好きな物をぶっ込めっ!!

nabe2

まず、ザク切り白菜と椎茸と水を入れたお鍋を火にかけておきます。

白菜がしんなりしてきたら、お肉→豆腐→ネギと、好きな様に入れて下さい。

お肉は、しゃぶしゃぶ用に薄く切られているものがオススメ。

我が家では、チルド餃子(10個入り100円)ともやしも入れちゃいますけどね。

お肉一杯食べたいけど…少々高くつくので、チルド餃子ともやしで誤魔化します。

見た目なんて気にしないっ!!

見た目を気にする人には、オススメ出来ない鍋作り。

兎に角、なんでも鍋にぶっ込んで煮るだけの簡単”白菜鍋”なんです。

綺麗に並べて煮込むのも良いですが、そんな事は不要。

面倒臭がりの人には持って来いの適当鍋なんです。

石油ストーブを付けているお家だと、ガス代節約料理にもなりますよ。

鍋に全部入れてストーブの上に置いて、放っとけば出来上がるからっ!!

ただし豆腐などの柔らかいものは、崩れない様に多少の気を使って最後に入れてね。

白菜は茹でると量が少なくなる?!

生の白菜はボリュームあるけど、煮ちゃうとペシャンコになっちゃう…。

思う程、量が多くないので、思い切って一玉煮ても食べれちゃうよ~。

”白菜鍋”のメインは、あくまで白菜なので、大量に入れちゃいましょう。

後から追加すると、煮えるまで時間がかかる。

それに、どうせ食べるなら多く作った方が良いので、作る際は”思いきり”が肝心です。

特に味付けしていないけど…

特に味の無い汁ですが、最後はうどんを入れて食べると満腹になります。

うどんは麺つゆ(ラー油入)に付けて食べる美味いっ!!

これ、椎茸のだしが効いているので、〆にはオススメです。

ちなみに我が家では、餃子をわざと崩して置いて、残り汁にご飯を投入。

麺つゆでちょっと味付を整えて、溶き玉子を混ぜて雑炊にしています。

金欠で厳しい…もしくは、面倒くさがり屋だけど鍋が食べたい
そんな太リストの皆さん、是非、”白菜鍋”を作ってみて下さいね。