深海にいた!世界最大のカニ「タカアシガニ」がおいしそう

424102411.jpeg

男性よりもカニが好き

234717341.jpeg
プリ画像より引用

私はカニには目がない食いしん坊娘です。


カニを食べる時はひたすら無言で戦い続けるフードファイターでもあります。


とにかくカニが食べたくて食べたくて…
夢を見ていて、一度弟の手にかじりついたことがあります。


それくらいカニが好き!
男性よりもカニが好き!(モテない女子の強がり)
そんな私のカニの食べ方にはこだわりがあります。


それは、カニみそから食べ、との次に足と爪を食べ、最後はカニの味噌汁とカニの甲羅酒を楽しむということです。


そんな私が目を付けたカニがいます。


タカアシガニって知っていますか?

72634951.jpeg
プリ画像より引用

そのカニはタカアシガニというカニなのですがご存じでしょうか?
静岡県沼津市に行けばそのカニが食べられるそうなのです。


水族館なんかでも目にする、足の長いでっかいカニさん。


日本近海の深海に住んでいて生きている化石などと呼ばれているそうです。


「化石を食べてよいのか?」という疑問も残りますが…
しかし、今は夏。


冬がやっぱりカニのおいしい時期だそうです。


というわけで、カニに想いを馳せながら、タカアシガニについて調べています。


タカアシガニってどんな味?

69287661.jpeg
プリ画像より引用

タカアシガニは食べた人情報なのですが、とっても濃厚。


海老さんのような味がするそうです。


しかも味噌はお酢など付けなくても食べられると書いてありました。


味噌独特の生臭さなどもないそうですよ。


身はスルリとすぐに取れるそうですし、とってもおいしいカニなようです。


最後はカニ味噌を使ってカニのおじやを食べたと書いてありました。


ここまで読むだけで、私の心はもうカニ一色!
冬までの我慢です。


おみやげにもタカアシガニ!

468680821.jpeg
プリ画像より引用

これは、本物のタカアシガニを持って帰るという意味ではありませんのであしからず。

タカアシガニは鮮度を保つことが難しいらしいのです。

なので、タカアシガニを家に連れて帰ることはできません。

もしかすれば、連れて帰る方法があるのかもしれませんが…
タカアシガニの食べた殻は持って帰れるそうですよ。

記念に持って帰りますかと聞かれるそうで。

そして、お土産コーナーにも持って帰れるタカアシガニが!
タカアシガニのおせんべいに、タカアシガニの炊き込みご飯の素や、タカアシガニのお味噌汁など家に帰ってもタカアシガニが楽しめます。

これは、お土産だけでも買いに、一度静岡に訪れてみなければ。

そんな貪欲な、食欲と戦いながら、タカアシガニをご紹介させていただきました。

カニ好きの皆様は是非ともタカアシガニを、静岡にてご賞味くださいね。

アイキャッチ画像:プリ画像より引用