ピノ・ノワールって知ってる?直訳すると「黒い奴」って意味らしい

db5606ad-s1.jpg

赤ワインが至福

yun_34031.jpg
ゆんフリーより引用

ピノ・ノワールって知っていますか?
ブドウの品種なんですけど、なんだか高級感のあるお名前でしょう?
赤ワインに使われるワインなのですが、赤ワインに使われるのがピノ・ノワールらしい。


少しお太りさまなわたくし。


赤ワインに含まれているポリフェノールがダイエット効果もあると聞き、お酒を飲むときは赤ワインと決めております。


そんな私が最近知ったのがこのピノ・ノワールっていうブドウなんです。


私は決して上品ではないのですが、このような良いブドウで作られたお酒を嗜んでいるとわくわくいたします。


お酒などを飲むから太るのだとお叱りの方もいるでしょう。


しかし、楽しみのない人生なんてつまらないと思います。


限られた時間を楽しむことができる、最高のアイテムが赤ワイン。


そんな赤ワインについて少しだけ詳しくなってみませんか?

アイスじゃないわよ!ピノ・ノワール

e625294b943bf1cf2caf199b67f0adf71.jpg
ピノ・ノワールはフランスのブルゴーニュで育ったワインらしいのですが、意味は「黒い奴」だそうです。


その名のとおり、ほとんど黒に近い、少し紫がかったブドウ。


ピノ・ノワールはとっても大切に育てないといけないらしいです。


それは、ピノ・ノワールがとても早熟な品種であるゆえ、大切に育てなければなりません。


温度上昇だけでも急激に成熟してしまい、香りが失われてしまうそうです。


そんな大切に育ったピノ・ノワールは飲み口がとってもスッキリしています。


初心者向けのワインとしても、このブドウを使ったワインが勧められるそうですよ。


その味から熱心なファンも多いみたいです。


カベルネ・ソーヴィニヨン

454887141.gif
その他にもカベルネ・ソーヴィニヨンという種類のブドウを使った赤ワインも有名だそうです。

このワインは上級者向けのワインといえるでしょう。

香りが豊かで味わいが濃厚なのがこのワインです。

フランスのボルドーワインなどにこのブドウが使われています。

ピノ・ノワールとは違って暖かい気候を好むそうですよ。

私はピノ・ノワール派かな。

どんな料理にでも合うし、後味がスッキリとしているから。

暖かい気候をあまり好まないところも私に似ているかも。

暑いのって本当に嫌ですよね。

冷房をガンガンにかけていても、暑いものは暑い。

お恥ずかしい話ですが、部屋ではよく素っ裸になっています。

服を着るのも暑い。

話がそれましたが、今日はピノ・ノワールワインを楽しんでいます。

赤ワイン効果で、老化防止にもなるそうですよ。

ダイエットにも効果的だそうですが、体重は少し減ったでしょうか…
何がともあれ、暑い夏、早く終われば良いですね。

アイキャッチ画像:高畠ワイナリーより引用