タラバガニとズワイガニ違いを明確にしておこうと思う

1871541.jpg

タラバガニとズワイガニの違いは?

o08000597122748333271.jpg

冬に食べずにはいられない、カニ。
普段なかなか食べられなくてもお歳暮などで貰ったり年末年始に実家で食べたり、1年に何回かは食べたくなってしまいます。
そんなカニですが、普段みなさんはどの種類のカニを食べていますか?
私がよく食べているのはズワイガニです。
でもタラバガニもよく聞きますし、実際に食べたこともあります。
このタラバガニとズワイガニ、形以外にも何か違いはあるのでしょうか。

見た目だけじゃない!タラバガニとズワイガニの違い

DSC056041.jpg

タラバガニとズワイガニ、それぞれ同じカニの種類だと思われていますが、実は違います。
ズワイガニはカニ下目クモガニ科のカニなのですが、タラバガニはヤドカリ下目タラバガニ科に分類されており、ヤドカリの種類にあたります。
まさかタラバガニがヤドカリの種類だったなんて・・・。
しかし確かに見た目は全然違うというだけではなく、脚の数もタラバガニは8本、ズワイガニは10本なのです。
産地も異なり、タラバガニは基本的にロシアやノルウェー、日本だと根室などで採れます。
一方ズワイガニは、オホーツクやアラスカ、福井や鳥取などの日本海でよく採れます。
似ているような気もしますが味も違い、ズワイガニは甘味があって繊細な味、タラバガニは味は淡白だけど身が大きく食べ応えがあります。
カニの旨味だけをいえば、ズワイガニの方が味わえるようです。

食べられる場所も違う?!

kurashiki91.jpg
蕎麦酒肴より引用

タラバガニとズワイガニは、食べられる場所も違ってきます。
2つとも脚はもちろん食べられますが、実はタラバガニにはカニ味噌がほとんどありません。
なのでタラバガニは脚を中心に食べます。
しかしズワイガニには濃厚で美味しいカニ味噌がたっぷり詰まっています。
カニ味噌が好きすぎていつも家族と取り合いになるくらい好きな私としてはカニ味噌が無いのは一大事です。
なのでカニ味噌も楽しみたい!という人にはズワイガニの方が得だといえます。
味が異なるのでより美味しく食べられる調理法も変わってきます。
ズワイガニはカニの旨味と甘味を楽しむために、茹でたりしゃぶしゃぶにして食べると美味しく頂けます。
一方タラバガニは味が少し淡白なので鍋などに使うと良さそうです。
テレビショッピングや通販サイトでは、タラバガニとズワイガニが一緒になって商品として販売されているものをよく見かけるので、ぜひこの2種類を食べ比べしてみて、自分なりに違いを見つけてみてはいかがでしょうか。
アイキャッチ画像:バーツプロダクション おしごとギャラリー2014より引用