鯨油って?実はかなり使えるやつだった!

lgf01a2013042110001.jpg

鯨は食べたことあるけど鯨油ってなに?

15-011.jpg
日本では昔から食べられている鯨肉。


皮や赤身肉はよく食べられていますが、鯨からたくさん採れそうな油は一体何に使われているのでしょうか。


食用にも使われているのかなど、調査してみました。

実は万能だった!鯨油

c0bb423779bca0e823af69846c34724b1.jpg
鯨油には主に2種類存在しています。


まずマッコウクジラなどのハクジラから採れるマッコウ油。


これは人間の体内では消化することができないので主に工業用に使われています。


もう一つはシロナガスクジラなどのヒゲクジラから採れるナガス油。


ナガス油は食用も含め、色々なものに広く使われています。


鯨油はとても万能で、灯火用の燃料から、洗剤、農業用の資材、火薬、食用などに使われていました。


燃料としては世界的にも鯨油が使われており、日本でも魚油よりにおいがきつくなく、植物油より安かったため庶民が行灯の燃料としてよく使っていました。


他にも鯨油は固体にするとにおいが出なくなることから、石鹸などの洗剤にも使われていました。


食用ではマーガリンやショートニングの原料になっていて、日本でも第二次世界大戦後から普及されました。

鯨の皮以外からも採れる鯨油

5149d35f1.jpg
鯨油は普通皮から採ることが出来ますが、他の場所にも油をたくさん含んでいるところがあり、そういった鯨油は特殊な鯨油として呼ばれるようになりました。


例えば、鯨蝋と呼ばれているものがあります。


これはマッコウクジラの頭から採ることができる油脂で、脳油とも呼ばれています。


温度により状態が変化しやすく、マッコウクジラはその温度を変化させ油の比重を利用して浮き沈みをしています。


鯨蝋は主にろうそくや機械の潤滑油、化粧品などに使われいたそうです。


もう一つ、肝油というものがあります。


肝油は文字通り鯨の肝臓から採れる油脂です。


ビタミン類などがたくさん含まれており、戦後以降学校給食にも出されていたそうです。


しかしこの肝油はにおいがキツく苦かったため、子どもでも飲めるようにゼラチンのカプセルに詰めた肝油球や、ゼリー状にして糖衣した肝油ドロップとして出されていたそうです。

鯨油の今

7703438bb5fe862df17a82fad7f17e3c1.jpg
様々なことに利用されてきた鯨油は、現在ではほとんど使われていません。

鯨油を使わなくても石油が安くなったことや植物油脂の研究が進み、活用していけるようになったからです。

しかしそれまでは様々なことに利用できたせいで鯨の乱獲が世界的に起きてしまいました。

なので捕鯨規制をする流れになってしまったのです。

ニュースでもたまに捕鯨について取り上げられています。

こうした歴史のことも踏まえて、色々と考えさせられます。
アイキャッチ画像:GATAG|フリー画像・写真素材集 4.0より引用