どれくらい苦いの?カカオ100%のチョコレートを食べるべき理由とは

c70cdd141.jpg

今やコンビニ定番商品、高カカオチョコ。

d9ef35be619335a8dd811365e37921d41.jpg
7〜8年前ぐらいだったかな、「カカオ○○%」という触れ込みのチョコレートを初めて見たのは。


僕は当時からおやつ必須のデスクワークな仕事をしていたもんで、出勤途中によく買っていたもの。


って言ってもお気に入りは72%とか、ビターな味わいの中にもほんの少しの甘さが感じられるようなチョコレートだったけれど。



でも1つだけ、気になることがあるんだよね。

言っていいかな?かな?
カカオ100%のチョコっつったらさ、もう、チョコじゃなくてカカオじゃん。



…いや、そんな屁理屈はひとまず置いておこうじゃないか。


カカオ100%のチョコレートって、どんだけ苦いのさ?

カカオ100%チョコを、食べてみた。

b3219fccc75aed0afbbac83be0ec39e7_4001.jpg
にが…。



僕は正直、そんなに好きじゃない味です。

だって甘くないんだもん。


お菓子とかおやつとかじゃなくて、なんて言うか…物質を食べてる感じ。


例えるならば、健康食品みたいな感じかな。

確かに体に良さそうな味はするんだけどね…。


ネタ的にみんなでワイワイ食べるならいいかも、という所かな。



とは言え、目の前にあるモノは全部食べちゃう性分なので、結局食べ切った。


苦いとは言え脂質もしっかり含まれているせいか、胃がこってりしてる…。

カカオはもともと薬だった!

114.jpg
Fig Blogより引用

こんなに苦いのに、全然甘くないのに、コンビニ棚に並び始めてから随分長いような気がする、カカオ○○%のチョコレート。


なぜそんなに人気が高いのかな?甘くないのに。



買い求める一番の理由は、やっぱり「体によさそうだから」っていう所らしい。



カカオはもともと滋養強壮や疲労回復を促進するための「薬」として役立っていたんだって。


これは古代文明の頃のことなので、今とは生活背景がまったく違う時代の話なんだけどね。


だけどこんな話を聞くと、健康食品みたいという認識はあながち間違ってはいないかも?

さらに調べてみると、カカオには意外なことに、様々な栄養が含まれているんだって。

カカオはバランス良く栄養が含まれた食べ物!

minoruta_7_0311.jpg
野の花図鑑より引用

カルシウム、鉄分、ミネラル、そして食物繊維など、様々な栄養が豊富に含まれているカカオ。

確かに、便秘にいいっていう話も聞いたことあるな。

食べた時から手のひらを返すようで悪いんだけど、やっぱり薬として使われてただけあって体に良さそう。

また集中力を上げる効果があるので朝にひとかけ食べておくといい、なんて言われている高カカオチョコレート。

カカオポリフェノールには血管を広げる作用もあり、血圧低下も期待できるのだとか。

揚げ物や焼き肉に目がない僕には、なかなか向いている食べ物らしい。

そしてストレスを緩和する作用もあるとのことなので、大事な仕事の合間に食べておくのもよさそうだ。

心身を酷使するビジネスマンやストレスの多い現代っ子には、ちょこちょこつまんでおくといいかも。

チョコだけにね。
アイキャッチ画像:Tokyo Organic Life ~ 東京オーガニックライフ ~Blogより引用