苦手な人も多い?魚の「光物」寿司ネタとは?

lens-flare-121.jpg

お寿司で何が好きですか?

01-41.jpg
Granatoより引用

こんにちは、僕の名前はぽちゃ太郎、何でも美味しく食べるぽっちゃり食いしん坊系男の子です。この間お寿司の話題になり友人が「光り物のネタは苦手なんだよなー」なんて言ってました。僕は何でも食べるので気にしたことが無かったのですが、よくよく思い返すと光り物のネタが苦手な人は結構多かった気がします。なぜこんなに多いのだろう…これは食べることを極めし僕が知っておかないといけない知識です。今回は寿司ネタの光り物について調べていきます。

光り物の寿司ってどれのこと?

100006101.jpg
team-allergy.comより引用

そもそも光り物の寿司ネタって何なの?光ってるの?食べてみたい!…なんて考えながら調べてみたところ、光り物の寿司ネタは『酢で締めた寿司ネタ』だそうです。…残念です…光ったお寿司は食べ損ねました。確かにお酢などの酸っぱい味が苦手なんて人も多いでしょうから、光り物の寿司ネタを苦手とする人が多いのも頷けます。僕は「元々旺盛な食欲が益々増えちゃう!僕は人間火力発電機だー!!」なんて思いながら食べちゃうんですけどね。ちなみに酢で締めて、なおかつ寿司ネタでさえあれば、例えマグロの赤身だろうが、サーモンだろうが、ウニでさえ「光り物」って言えちゃいます。…締めてさえいればね?無いとは思いますが。さてここで新たな疑問「光ってなくても良いなら、なぜ光り物と言うの?実は光ってたりするの?」と言う疑問が湧いてきました。

なぜ光り物って言うの?

AZ016_L-300x2251.jpg

実は由来は光ってました!お酢で締めたお寿司の代表として知られているのしめ鯖ですね。そのしめ鯖の鯖は鮮度の落ちやすい、いわゆる足の速い魚です。昔は今より保存方法が乏しかったですから仕方ないですね。そして鯖の皮は光っていて、他の皮が光った魚も足が速いものが多かったみたいです。足が速い食材を長く持たせるにはやっぱり酢で締めるのが一番!こうして皮が光った魚は酢で締められ、皮が光っていることから、酢で締められている寿司ネタを「光り物」と呼ぶようになったそうです。全部食べちゃえば関係ないのになんて呑気に考えてましたが、運ぶ仕事もありますからね。昔は、物を運ぶにも時間がかかってしまいましたから、少しでも鮮度を保とうと言う先人の知恵や優しさが見え隠れしています。と言うことで光り物の寿司ネタは『由来は皮が光ってる魚のことをさしていたけど、今は単に酢で締められた寿司ネタと言う』と覚えましょう。
アイキャッチ画像:photoshop vipより引用