広島人が大阪風お好み焼きをディスってみたら褒め言葉にしか聞こえない件

スクリーンショット 2015-10-27 11.16.11

本家はどっちだ?

310692742.jpg
食べログより引用

お好み焼きの本家はうちだ!!うちだ!!おやっ突然ですが何やらお好み焼きをめぐって激しい議論が繰り広げられたよう。何だって?お好み焼きって聞くと、いわゆる関西風を思い出すのが一般的なような感じもありますが、えっ何?本当は違う?広島風が本家?広島風さんから言わせると、大阪風はお好み焼きとは言わない?うむ…。ポチャ子はどっちも大好きだけど…わかったわかった!そう鼻息荒くせずに…、気になるので調べてみましょう。

大阪風と広島風の違いをおさらい

s_00ij4.jpg
ぐるなびより引用

大阪風のお好み焼きは生地と具材を混ぜ合わせて鉄板で焼くもの。それに対して広島風はまずクレープの生地のように、薄く生地を焼いてから、上に具材をのせて重ねて焼くもの。あと麺が入っているのも特徴ですよね~。うーん。どっちも美味しい。

お好み焼きの原点は駄菓子屋?

2008110818100002.jpg

お好み焼きの原点はなんと駄菓子屋。元々は大阪や京都の駄菓子やで水で溶いたうどん粉を薄く丸く焼き、粉かつおやねぎ等をのせ、半分に折り、ウスターソースをかけたものが始まりと言われています。当時はソースは洋風の食べ物だったので、一銭洋食や洋食焼きという名前だったそうですよ。このルーツからいうと、確かに生地を薄く焼きその上にトッピングをのせていくというところでは、今の広島風がそのルーツを受け継いでいると言えますね。

さらに遡ると実一銭洋食のルーツは東京のよう

f16ef7222.jpg

実は大阪や広島で始まった一銭洋食のルーツは東京ではないかと言われている節もあるらしい。元々は明治末期から大正時代に東京の駄菓子屋ではもんじゃ焼きが売り出されており、このもんじゃから派生してどんどん焼きというものが、移動式屋台で売られていたのだとか。これが地方へとどんどん拡散していき、関西で形を変え一銭洋食に変貌したのではないかと言われている。うむ。奥が深い。それにしても美味しそうだな~。

各地方でそれぞれに進化を遂げて現在の形に

IMG_50122.jpg

こうやって各地域に広まり、駄菓子屋さんで売られていた一銭洋食をもとに、キャベツや麺を入れたりしおやつからおかずへと進化を遂げてきたのが、現在のそれぞれの地域のお好み焼き。そうやって変貌を遂げてきたお好み焼きも地域によって、おかず扱いであったり主食扱いであったりちょっとずつ違うようです。関西ではお好み焼きをおかずとし白いご飯と一緒に食べるのに対し、関東ではあくまでも主食として食べるとのこと。みなさんはどっち派ですか?ちなみにぽっちゃりな私は関西出身ではありませんが、白いご飯はどんな時でも欠かせないので、お好み焼き+白ご飯はマストです。こんな風に元々は同じルーツが派生して今の形に変貌したお好み焼き。食の歴史ってなかなか面白いもんですね。

アイキャッチ画像:ぐるなびより引用