なぜ魚介の宝庫「明石」で鯛が高価に取引されるのか?

0512tai321.jpg

明石の鯛が絶品!?

140920121802rtax_l1.jpg

ぽっちゃりさんは肉が大好き!というイメージが強いですが、刺身にどんぶりものに、煮魚に、実は魚にも目がないぽっちゃりさんも多いはず。魚にも色々種類がありますが、何の魚が好きですか?私は鯛が大好きです!鯛って、なんだか贅沢な魚のような気がしますが、刺身にしても煮魚など絶品料理が沢山。そんな大人気の鯛ですが、魚介の宝庫でもある明石で鯛が高価で取引されているって知っていました?なぜそんなにも高価で取引されているのか、調査してみました。

明石といえば明石鯛

0710tai1.jpg

激流の早い瀬戸内海・明石海峡に揉まれながらもプランクトンやエビ、カニなど鯛が大好きなエサが豊富な明石海峡で獲れる明石鯛は回遊しているうちに身がキュッと引き締り極上な鯛が獲れます。1年で最も美味しい季節は秋。夏にカニやエビを食べてぶくぶくと太り脂がのってくるためだそう。体にも赤味が増すため同じ時期に盛りを迎えるもみじになぞらえて、「もみじ鯛」と呼ばれ珍重されています。

甘味と旨味の両方をもちあわせた上品な味わい

300239101.jpg
食べログより引用

もみじ鯛は甘味と旨味を持ち合わせ、刺身、炙り、湯引きといった調理法で脂の旨さの変化を楽しみながら食べることができます。その他にもダシで炊く鯛めし、味噌漬け、刺身を漬けにした鯛茶漬けなどといった色んな調理法で堪能出来ます。ぽっちゃりの私にとってはもう聞いているだけで、お腹がすいてきちゃう。以前は数が減り「幻の鯛」とも言われるような時期もあったそうですが、近年では環境も整い復活してきた明石の鯛。もはや不滅の高級ブランドです。

高度なテクニックで鯛の鮮度と旨味を守る

1400655797_1_31.jpg

明石鯛は主に一本釣り、五智(ごち)網、底曳網漁の主に3種類の漁法で漁獲されます。水深100メートルの海底から引き上げられる鯛はそのままでは浮き袋が膨らんで弱ってしまうため、他の内臓部分等を傷つけないよう、すぐに浮き袋に穴を開けます。一見簡単そうですが非常に高度な技術が必要とされる作業なんです。こういった漁師さんたちのお陰で美味しい鯛が食べられるんですね。ぽっちゃり感激。

新鮮な明石鯛が堪能出来るお店「明石漁師めし新浜」

640x640_rect_406786341.jpg
食べログより引用

明石鯛について知れたことだし、ぽっちゃりさんがやっぱり気になるのは美味しい鯛料理が食べれるところ!明石浦漁業協同組合が営むこちらのお店で、新鮮な水揚げされたばかりの鯛料理を楽しむことができます。こちらは鯛の漬け丼。ほんのり甘味すら感じられる新鮮な鯛はもうお口の中でとろけていっきに口福な気分に。

アイキャッチ画像:熱血?魚屋親父の奮闘記より引用