ごった煮感がソウルフル!!アメリカはワンプレートもメガ級だった!

one plate 4

とにかく「食べたい!!!(血眼)」って日にはどうしても、ガツガツ、一気にいきたいもの。

目移りしている暇ももったいない…

そんなせっかち太リストにオススメなのがアメリカの「ワンプレート」料理!

とにかく可能な限り盛るべし!

アメリカでは、料理を一品ずつお皿に盛る事はありません。

自分の小鉢もありません。

「大皿があれば万事OK」ワンプレート式です。

それも、日本のようにきれいに少しずつを盛りつけることはありません。

one plate 1

http://taxigourmet.com/2011/03/11/new-york-dispatch-incredible-disappearing-egyptian-food/より引用

味がかぶろうが、混ざろうが、全く気にしません。

一皿に、親の仇のごとく盛れるだけ盛ります。

「腹に入れば一緒だろ」と開き直るべし!

野菜もソースもおかまいなし。だって食べればお腹の中では混ざるんだから。

one
Phot by George Redgrave

カリカリ、サクサクであるべきはずのタコス。こんな風にソースと一緒に盛ったら、べちゃべちゃになってしまう・・・

でも、いいんです。

気にしないんです。

細かいことを気にしたらここ、The United States of Americaでは生きていけないんです!!

これだけを一皿に盛った方が、食べやすいんです。

one plate 4

オールスター感謝祭だと考えるべし!

ニューヨークの定番高カロリーフード「ガーベッジ・プレート」

マヨネーズ味のマカロニサラダと、フライドポテトの上に、ソーセージを乗せ、その上にチリ味のミートソースをかけています。

その隣りには、インゲン豆のシチュー。まさにオールスター感謝祭のような面々に思わず顔が綻んでしまいます。

ごった煮感にハマるべし!その暁におかわりすべし!

アメリカの「ソウルフード」と呼ばれる家庭料理です。

マカロニ&チーズ、グリーンと呼ばれる菜の煮込み、豆のシチュー、コーン、そしてフライドチキン。

その名の通り魂を感じるラインナップです!何がすごいって、みなさん、軽くこれをお代わりするんです。

それも2回、3回と!

いかがでしたでしょうか、メガ級ワンプレートの世界!

ワンプレートだと、見た目以上にたくさん食べれてしまうものなんでしょうね。きれいに盛りつけるより、たくさん盛れる方が優先らしいです。素晴らしい!

とにかく、味の濃い物をたくさん食べたいアナタ。

アメリカのソウルフードレストランへ是非、行って見てください♪