京都人が「グジ」って言ってるけど、あれって何?A:甘鯛です

gujishioyaki2.jpg

謎の魚「グジ」とは一体!?

img579230381.jpg
楽天より引用


旅に出ると、その土地の料理屋お酒(重要)に触れるのも楽しみの一つだ。

これで私もそれなりに色々な土地に行き、美味しいものを食べてきたのだが(食べるだけである。

運動はしない)、先日京都に赴いた際にちょっとビックリしたことがあったのでここに書いてみようと思う。

画像はイメージです

IMGP1361_s1.jpg
気まぐれHDRより引用


店内のメニューをつらつらと眺めていると、「グジの西京焼き」という文字が目に入った。

グジというのはよくわからんが、西京焼きというのがいかにも京都っぽくていいじゃないかと頼んでみた私をまっていたのは軽い驚きだった。

へいお待ちと目の前に来たそれを早速一口いただいたのだが、どうも味がアマダイに近い気がする。

前に東京で食べた時のことを思い出してはみたものの、まさか京都で再び食べることになろうとは。

店員さんに聞いたところ、やっぱりアマダイだとか。


東京で食べたときは結構良いお値段がしたのでもしやと思い調べてみると、どうやらグジはこの京都こそが本場らしい。

京都市民の台所として有名な「錦市場」にも売っていたので、どうやら関東地方よりも気軽に手に入りそうだ。

昔は「屈頭魚」と書いて「くつな」と読んでいたらしいが、漁師たちが「くつ」と略して呼び、それがなまって「ぐじ」になったということだ。

調理法方は割りと何でもいけるらしい。

刺身、塩焼き、蒸し、お吸い物などなど。

その上品な味わいから、料亭などで供されることも多いとか。

いずれにせよ、お酒の友としては申し分の無い相手である。

画像はスズキです

dc7a0463cb9a5350af0710070146ca901.jpg


蛇足だが、このアマダイという魚。

鯛と名前に入っているが、どうやらスズキの仲間らしい。

愛媛では「こずな」、静岡では「オキツダイ」、高知県では確認できただけでも10種類以上の呼び名をもつという。

以前食べたものはこちらだったのだろう。

身はわりとやわらかいので、塩で身を締めてから調理すると型崩れがない。

身のやわらかさゆえに、病人食や離乳食にも適しているとか。

あまり病院で見たことはないが。

鮮度の良いものはさらに昆布締めにすると◎だ。

もっとも有名なのは「若狭ぐじ」とよばれるもの。

imgamadai1.jpg
ぼたん亭より引用


そして、京都のグジで特に有名だというのが「若狭グジ」。

若狭湾で獲れるグジのうち、厳しい基準を満たしたものがこの名を名乗るのだそう。

「若狭焼き」と呼ばれる調理法は、少々独特だ。

なんと、ウロコをつけたまま焼き上げるのだとか。

悲しいかな、まだいただいたことは無いが、ウロコの香ばしさと実の柔らかさが絶妙な一品だと聞いている。

若狭カレイなるものも存在するらしく、それはまた別途調査中である。

地域によって魚の名前が変わる、というのはそう珍しいことではないらしいが、それと気づかずに思わず出会えた時の喜びというのは、なかなか味のあるものではないだろうか。

アイキャッチ画像:原寸画像検索より引用