日本にも松露なる茸があるが、トリュフとどう違うんだ?

5ec56ce41.jpg

素朴な疑問がありまして

マニア道より引用

価格よりも量、質よりも量をモットーにポチャ街道をまっしぐらな毎日を送っています。ですが、最近、ちょっと気になる情報を耳にしまして、これは調べなくては、とグーグル先生に教わっているところです。トリュフって、知ってますよね。チョコレートじゃなくて、キノコのほうです。実は、著者自身もチョコレートのトリュフを一番のご馳走だと思っていたので、世界三大珍味と呼ばれ値段も高価なトリュフには縁がなかったんです。ですが、ふと思いました。なぜ、トリュフは外国産しかないのか、日本には存在しないのか・・・と。そこで、先ほどのグーグル先生の登場です。日本産トリュフはあるのか、ないのか、お伺いをたててみました。

日本にもトリュフ・・・らしきものがあるらしい

18matu11.jpg
mcn-kodamaより引用

なんと、日本でもトリュフが発見されているそうなのです。呼び名が若干違いまして、松露(しょうろ)といわれているのだそうです。若干というよりも、まるで違いますが。だからこそ、日本にトリュフが存在することが、あまりポピュラーではないのでしょうね。それとも知らないのは、著者だけ?なのでしょうか。日本で発見されたときには、新聞に載るほどのニュースになったそうです。しかし、本当にフランス料理のキノコと同じ種類なのでしょうか。

微妙に違う日本の松露

03-164-011.jpg
アキュームより引用

そもそもトリュフには、黒トリュフと白トリュフの2種類が存在するのだそうです。勝手なイメージでは、黒トリュフのほうが一般的でポピュラーなのかと思っていたのですが、実は白トリュフはイタリアで大人気のキノコなのだそうです。そして、日本で発見された松露は、その中間というどっちつかず、なのだそうです。トリュフを探すとき、ヨーロッパでは犬を使います。それは、トリュフは地中にもぐって生える、外生菌根菌の一種なので、上から見ただけでは発見できないからなのです。日本に生える松露は、地上の近くに発生するのだそうです。どちらかというと、中国由来のキノコらしいです。いずれにしても、高級なキノコにはかわりが無いみたいです。

松露を大量に生産できたら

24f64cedda3216256627e22c4abfbb0e1.jpg

さて、そんな稀少で高級な松露、大量に生産できたら財産が築けそうですよね。ヨーロッパでは、トリュフの人工的な栽培が始まっているのだそうです。しかし、日本の松露はどちらかといえば、マツタケに近い品種のため、人工栽培には至っていないのが実情なのだとか。日本のトリュフは、松露と呼ばれていますが、海外のトリュフを西洋松露との別名があるほどなので、栽培できそうな気もしますが。やはり、マツタケに似ているということは、大量生産の夢は、少々遠そうです。ですが、そこは日本の技術。松林の土を入れ替えることにより、松露の人口生産に成功しています。でも、流通するほどには生産できていない・・・のが実情のようです。気軽にトリュフが楽しめる日が来る日は近いのでしょうか。ちなみに、香りを楽しむトリュフですが、日本の松露はあまり良い香りではないそうです。さらに、松露にそっくりなニセモノの毒キノコが存在するそうなので、ご注意を。
アイキャッチ画像:のびぃ太のおしゃべり広場より引用