うなぎ味のナマズの開発に成功した近畿大学。味は本物と変わりなし!

640x640_rect_241968691.jpg

うなぎ味のナマズの開発に成功!?

0771.jpg

お菓子を食べながらうかうかネットサーフィンをしていたらなんとも衝撃的なニュースが舞い込んできた!それは、以前から気になっていた、うなぎ味のナマズの開発に成功した近畿大学がその気になるお味を発表!!思わずお菓子を食べていたその手が止まってしまった…。果たしてうなぎ味そのものを再現できているのか!?そもそもナマズがうなぎになるってどういうこと!?うなぎには目がないぽっちゃりとしては気になって気になって仕方がないのでさっそく調べてみました。

近畿大がうなぎとほぼ変わらないナマズの養殖に成功!

5fa5dcb0396b7a074aa0d82894f8b3a21.jpg

クロマグロの完全養殖で有名な近畿大学。このたびなんと、脂がのって見た目・味もうなぎとほとんど変わらないナマズの開発に成功した!!エサや水などを工夫してナマズ独特の臭みを消し、脂がのったうなぎへと変身させることができたという。さらにナマズの頭から良いダシが取れるため、このダシをつかって蒲焼のタレまで作ることに成功。

見た目はうなぎそのもの

d13864-5-234229-01.jpg
prtimesより引用

実際に店頭販売用の「うなぎ味のナマズ」を発表。見た目はうなぎ屋さんで目にするうな重そのもの!隣に本物のうなぎを並べられても、どっちがナマズかわからないほど、見た目は本当にうなぎそのものだ!これはすごい…。

気になるお味は!?

150527_0011.jpg

見た目は同じでも肝心のお味がうなぎでないとぽっちゃりは認めませんよ~。さてその気になるお味は!?なっなんとうなぎとほぼ食感もお味も変わらない!!試食した約7割の人がリピートを希望するほど、うなぎそのものだとか。更に、皮が美味しい、小骨がないので食べやすいなど予想以上の好評価。これはぽっちゃりにとってもぜひとも試したい!!!食にうるさいぽっちゃり向けの試食会も開催してほしいところ。

そもそもなぜうなぎ味のナマズの開発を始めたの?

unagi1.jpg

見た目もお味も合格点なうなぎ味のナマズを開発した近畿大学。そもそもなぜ開発を試みたのか。それは遡ること約6年前。最初のきっかけは付き合いのある蒲焼屋からうけたある相談だったとのこと。ニホンウナギも資源が減ってきており、このままいけばウナギが取れなくなり、経営が厳しくなるとのこと。それを受けて、資源が豊富な淡水魚で代わりになるものがないか、模索したところナマズに辿り着き研究を進め、約6年もの歳月をかけこの度開発に成功したとのこと。まさに近代様様ですな。今後はうなぎ味のナマズが食卓にのるようになるかも。その日が楽しみだ~

アイキャッチ画像:食べログより引用