【よだれ不可避】味噌焼きおにぎりがめちゃくちゃおいしそうな件

DSC_08701.jpg

味噌焼きおにぎりの魅力

kome1.jpg

味噌焼きおにぎり…ご飯の少し焦げたパリパリ感と、味噌の香ばしさがマッチして想像しただけでもよだれが止まりません。
ご飯は表面はおこげのようになっているのに、中はふかふかで味噌の塩気によってご飯の甘さが際立ちます。
ご飯と味噌だけのとてもシンプルなものなのに、一度頬張れば病みつきになってしまう美味しさ。
しかもおにぎりを焼いて、その上に味噌を乗せればいいだけなので、トースターなどを使えば簡単に出来ます。
味噌の上に大葉を巻いたり、ねぎ味噌にしてみたりとバリエーションも様々です。
今回は美味しいだけじゃない、味噌焼きおにぎりの魅力をたっぷりお伝えします。

栄養もバツグン!

IMG_2628-720x5401.jpg
マルカワみそより引用

味噌焼きおにぎりは味噌を使っているので、実は栄養がたくさん含まれています。
「味噌は医者要らず」という言葉もあるくらい、栄養価が高い調味料だといえます。
味噌は大豆が発酵することで出来る調味料です。
普通の大豆と違い、アミノ酸やビタミン類などが豊富に含まれています。
大豆にはコレステロールの上昇を抑えてくれる7つの有効成分が入っていますが、それも全て味噌に溶け出しています。
さらに胃がんや乳がんの発生リスクを抑えるという研究結果や、血圧の上昇、糖尿病の予防にも期待されています。
いくら良くても摂り過ぎには注意しなくてはならないですが…。
味噌焼きおにぎりにぜひ付け足したい大葉、これにも栄養素が多く含まれています。
特に多く含まれているのは、βカロテンです。
βカロテンは免疫力を高め、抗酸化作用があります。
抗酸化作用によってアンチエイジングやがん予防にもつながります。
さらにフラボノイドの一種であるルテオリンは、アレルギーを抑える効果があるので、花粉症などのアレルギー性鼻炎の方は大葉を食べることで症状を和らげられます。

アレンジを加えてみよう!

201502252350121.jpg
もぐもぐ食堂より引用

美味しくて栄養価も高い味噌焼きおにぎり、でもさすがに毎日だと飽きてしまう…という方はぜひアレンジメニューを試してみてください。
例えば、定番アレンジの焼きおにぎり茶漬け。
味噌焼きおにぎりにだしと昆布茶をかければ、朝食にも夜食にもイケる絶品茶漬けに変身します。
あとぜひ試して欲しいのはチーズを乗せたチーズ乗せ味噌焼きおにぎり。
トースターなどで焼くことでチーズが溶け、濃厚な味わいに。
言わずもがな、チーズと味噌の相性もバツグンです。
考えただけでよだれ不可避な味噌焼きおにぎり、ぜひ作ってみてください。

アイキャッチ画像:FYTTE もち麦部ブログより引用