青森名物!「八戸せんべい汁」が県民に愛されてきた理由

visual2_11.jpg

そもそもせんべい汁とは何なのか?

imgfukumimi1.jpg
せんべい汁は、青森県八戸市周辺地域の郷土料理で、醤油味ベースの鍋料理。

当然、名前に「せんべい」が入っている通り、中身にせんべいが直接入る。


鍋に入れる煎餅についてだが、八戸市のある南部地方には南部煎餅(せんべい)という煎餅があり、特徴は「みみ」と呼ばれる、薄く伸びたカリっとした食感の耳があるのが特徴である。


煎餅汁にはそれ専用の煎餅を入れるのだが、味や食感など全く普通の煎餅と似ているのだ。


なのでイメージとしては、煎餅を直接入れたものとして食べてもらって構わない。


汁の味付けは、鶏の出汁と野菜やきのこが基本。

好みで白身魚やサバ缶、豆、川魚など多種多様。

要は食べてみて合うと思うなら何を入れてもいいよ!ということなのだ。


何を入れたらいいか悩んでいる君!

いいかい?
なんでも入れていいんだよ?
全部入れたっていいんだよ?
せんべい汁ならね。
(某スマホCM風)

どのようにして食べるのか。

nabeko-untiku1.gif
味の海扇堂より引用

まず醤油ベースの汁の中に、バリッと割って煎餅をぶち込んでふやけるまで放置。


それをあとは口に運ぶだけ。
簡単でしょ?
だが、その食べ方では味気ない!

というのも、ここまで隠してたが、僕は煎餅が大好物!
三度の飯より煎餅、いや三度の飯とともに煎餅と言ったほうがいいかもしれない程煎餅が好きなのだ。


南部煎餅には他にもたくさん種類があるので、紹介したいのも山々だが、文字数の関係上今回はせんべい汁だけで抑えておくことにする。

煎餅好きとしては、せんべい汁を食べるにあたって注意して欲しいことがある。

煎餅は歯ごたえがある方が好きという人がいるのは百も承知だが、敢えて言おう!

煎餅をふやかして柔らかくして食べてください!
なぜならば、そのほうがいっぱい汁を吸うからだ!!

せんべい汁は鶏出汁なので汁自体が非常に美味しい。
それで煎餅を食べれるならこれほど幸せなことはない。

しっかり煮て汁を吸わせて食べるのが一番食べごたえがある。


八戸市民に愛される理由はここにあるのではないか。

食べ方や具材、調理の仕方など特に決まっていないものだからだろう。

きっとそうに違いない。

祭典B-1グランプリは実は八戸市発祥だった!?

DSC058851.jpg
なんと、八戸市民のボランティア団体「八戸せんべい汁研究所」がまちおこしの一環としてとして全国に先駆けでB-1グランプリを主催して以降、B-1グランプリが全国に定着したとのこと。

つまり、B-1グランプリ自体がせんべい汁から始まったということだ。

ちなみに2012年のB-1グランプリ金賞を受賞、せんべい汁が全国に知れ渡ることとなった。

B-1グランプリを制してからというもの、驚くことに、

東洋水産からカップ麺ならぬ、カップせんべい汁が発売されている(Amazonでも買うことができます!)。

これで全国どこにいてもせんべい汁が食べられるね!

というわけで皆さん、買って食べてみてください(笑
煎餅が汁に入っているなんて気持ち悪いと思うかもしれませんが、モノは試し。


一度ご賞味あれ。

モチモチとした煎餅の食感が忘れられなくなるだろう。

僕も食べたくなってきました…(Amazonポチッ)
アイキャッチ画像:八戸東洋より引用