松屋で徹底比較!カレーと牛丼はどっちがお得メニュー?

20100723_19248751.jpg

松屋の素晴らしさについて語る

01eeb7a81.jpg
松屋 : americaより引用


突然だが、私は「松屋」が大好きである。

いや、大好きではなく、もはや「こよなく「松屋」を愛している」と言っても過言ではない。

普段は”ぽっちゃり系アラサー男子”としてB級グルメを食べまくる婚活ならぬ”ぽちゃ活”にいそしんでいる私だが、牛丼チェーン店の「松屋」はそんな”ぽっちゃり系男子”の主要な摂取カロリーの摂取場所となっているのだ。

「松屋」が素晴らしいのは、語り尽くされた事ではあるが、「メニューの多さ」が「松屋」を「松屋」たらしめている点が素晴らしいのだ。

「松屋」は牛丼を始めとしてカレーライス、焼肉などの定食系メニュー、そしてサラダなどのサイドメニューも豊富でいつ「松屋」に行っても飽きるという事が無い。

さらに「松屋」は味噌汁が無料でついてくるという点も嬉しい。

そんな「松屋」LOVEの”ぽっちゃり系アラサー男子”の私が今回は「松屋」の2大巨頭である「牛丼」と「カレー」、どちらが素晴らしいのか検証してみた。

「松屋」の牛丼は味が濃い目

002l1.jpg


「松屋」の歴史は意外と古く、1968年(昭和43年)に東京の江古田に一号店をオープンさせたのを皮切りにして全国にチェーン店展開をしてゆく事となる。

「松屋」は学生街で知られる東京の江古田に一号店をオープンした時に学生やサラリーマンをターゲットにした味付けを標榜して「松屋」をオープンさせたので「松屋」の味付けは比較的濃い目の味付けとなっている。

基本的に私を含めてぽっちゃり系の人は「ごはんが進む」という理由で濃い目の味付けのおかずが大好きな傾向にあるので、私自身も「松屋」の濃い目の味付けがなされた牛丼は大好物の一つである。

ちなみに、知っている人も多いと思うが、「松屋」の牛丼は正式名称を「牛めし」と呼んで他のチェーン牛丼店との差別化を図っているが、今回は便宜上「松屋」の牛めしを「牛丼」と呼ぶ事にする。

「松屋」のカレーの絶妙なスパイス感

8f1045821.jpg
GreenGreen2より引用


牛丼チェーン店の「松屋」ではカレーも提供している事で知られているが、「松屋」の牛丼と共に「松屋」のカレーは「松屋」の主力商品であると言っても過言ではない。

「松屋」のカレーの特徴はその「絶妙なスパイス感」にあると言われ、学生時代から「松屋」のカレーを週に2回は最低でも食べている私も、「松屋」のカレーの「絶妙なスパイス感」にはぞっこん惚れ込んでしまっているほどである。

そんな「絶妙なスパイス感」を持つ「松屋」のカレーであるが、主力商品である「オリジナルカレー」がやはり「松屋」のカレーのメインであると言って良いと思う。

「松屋」のカレーの良さは、メインのカレーである「オリジナルカレー」が店舗ごとに多少味が異なる、という点にある。

店舗ごとのカレーの味付けの違いが、真の「松屋」ファンを楽しませる要因となり、「この「松屋」はどんな味の、どんなスパイス具合のカレーを出してくれるかな」という期待をファンに抱かせてくれる要因となっているのだ。


アイキャッチ画像:フェティッシュダディーのゴス日記より引用