ハンバーガーチェーン店のコスパを比較してみた件

966629_707676531.jpg

有名ハンバーガーチェーンのコスパを徹底比較!

mmi_burger_011.jpg
ねとらぼより引用

普段から自然と食べているファストフード、ハンバーガー。

マクドナルド、ロッテリア、モスバーガー、など様々な種類のハンバーガーチェーン店が日本にはありますが、それらのハンバーガーは一体どのような違いがあるのでしょうか?
今回は子供の時から現在まで週に4回は最低でもハンバーガーを食べている”ぽちゃメン”男子の私が、有名ハンバーガーチェーン店のハンバーガーを食べ比べしてコスパが良いハンバーガーを比較してみました。

私が今回、実際にハンバーガーを購入して食べ比べを行ったのはマクドナルド、モスバーガー、そしてウェンディーズの3社のハンバーガーチェーン店のハンバーガーです。

これら有名ハンバーガーチェーン店のハンバーガーに一体どのようなコスパの差があるのか、それぞれのハンバーガーの重量や具の多さなど、徹底的に調べてみました。

有名ハンバーガーチェーン3店、炎の食べ比べスタート!

mmi_seijin_011.jpg
Topicksより引用

今回食べ比べを行ったのは、有名ハンバーガーチェーン店であるマクドナルドのビッグマック、モスバーガーのモスバーガー、ウェンディーズのシュリンプサンドというラインナップで食べ比べを行いました。

公正を期すべく、今回は価格が近いハンバーガーを選び、選別を行ってきました。

それぞれのハンバーガーの価格は以下の通りです。

『価格』はビッグマックが349円、モスバーガーが340円、シュリンプサンドが280円となりました。

そして次はそれぞれのハンバーガーの重さを量ってみました。

『重さ』はビッグマックが203グラム、モスバーガーが201グラム、シュリンプサンドが148グラムとなりました。

さらに、価格と重さを元にして1グラムあたりの価格を調べてみました。

『1グラムあたりの価格』はビッグマックが1.71円、モスバーガーが1.69円、シュリンプサンドが1.89円となりました。

とうとう決着!ハンバーガー「コスパキング」の称号を手に入れたのはどのハンバーガーか?!

An69-51.jpg
続いてそれぞれのハンバーガーの具の多さを計算してみます。

『具の多さ』はビッグマックが5種類、モスバーガーが3種類、シュリンプサンドが3種類となりました。

具の多さはモスバーガーとシュリンプバーガーが3種類で少ないのですが、シュリンプサンドの具がレタス、エピパティ、マヨネーズなのに対し、モスバーガーはミートソースに様々な具材が入っている為、3種類と具は少ないながらもコスパ自体は悪くない印象がありました。

そして最後は味について比較してみました。

『味』は”ぽちゃメン”の私の独断と偏見、つまり主観となってしまいますが、私が個人的に好きな味と感じたのはマクドナルドのビッグマックでした。

ただマクドナルドのビッグマックはソースの味に好き嫌いが分かれる所で、モスバーガーやシュリンプバーガーが好き、という人も多いと思います。

以上の調査の結果、最終的に今回の「有名ハンバーガーチェーン3社食べ比べ」で「コスパキング」に輝いたのは、マクドナルドの『ビッグマック』でした!

やっぱり子供の頃から食べなれているビッグマックの味と、「ビッグマック指数」なる経済基準が存在するマクドナルドのビッグマックはコスパに最も優れているという結果になりましたが、モスバーガーもシュリンプバーガーも根強いファンが存在するので、それぞれのハンバーガーにそれぞれの良さがある事を再認識出来た調査結果となりました。

アイキャッチ画像:GigaZiNEより引用