【ビールも色々】エールって何?カロリーなんか気にしないでビール飲もうぜ!

4975946330343-m-01-dl2.jpg

エールビールってなに?

20d32ac7b62d4fbe6191a14895aab54d2.jpg
The Royal Scotsmanより引用

ビールには、「ラガービール」と「エールビール」があるって知ってましたか?日本でよく飲まれているのは、「ラガービール」だけど、イギリス、アイルランド、ベルギー、ドイツ、カナダ東部の州、アメリカの地ビールといえば、「エールビール」が一般的です。

ふたつの違いは、「ビール酵母」にあります。

ビール造りに必要な原料は、どちらも麦芽・ホップ・水で、製造工程も基本的には同じですが、「エールビール」はエール酵母(上面発酵酵母)が、「ラガービール」はラガー酵母(下面発酵酵母)が、それぞれつくっています。

 エール酵母は、香り豊かで味わい深いビールを造るのが得意ですが、ラガー酵母は、スッキリした飲みやすいビールを造るのが得意なのです。

できあがるビールの味わいは、酵母の種類に左右されます。

日本人にはあまりなじみがないビールですが、 比較的アルコール度数が低めで甘みもあるので、ビールが苦手な人でも飲みやすいです。

まろやか、フルーティー、香ばしい、ほのかな苦みを楽しめるビールです。


手軽に挑戦できるエールビール

img_alebeer2.jpg
よなよなの里より引用

比較的、手に入れやすい「よなよなエール」。

このビール種類は、アメリカンスタイルのペール・エールです。

厳選されたアロマホップ「カスケード」とアメリカンエール酵母のエステル香によって生み出される、柑橘系の華やかでふくよかな香り。

 アロマである特徴を惜しみなく引き出しながら、モルトの甘味とホップの苦み、アルコール感を賞賛したくなるほど見事なバランスで整え上げています。

艶やかな琥珀色が特徴。

寝る前の至福のひと時に飲んでほしいビールです。

エールビールの原点?

bass_pic012.jpg
アサヒビールより引用

今から400年前くらいに考案されたと思われるイギリスで作られたペールエール。

イギリス産のホップを使用し、ハーブの様な香りと軽い口当たりが特徴。

1度は口にしてほしいのがイングリッシュ・ペールエールです。

エール特有のエステル香(フルーティーな香り)が強調されており、比較的苦味が強めな物が多いのもこのビールの種類の特徴です。

日本でも手に入るイギリスを代表する「 バスペールエール」は、英国の伝統製法で醸造され、芳醇な風味に飲みやすさをそなえました。

エール特有の芳醇な香りをもちながら、苦味はほどよく、ほんのりとした甘味もそなえ、すっきりとした飲みやすさが魅力。

少し赤みがかった美しい琥珀色です。


ジャパン・アジアビアカップ金賞受賞

palebeer2.jpg
イギリス伝統のスタイルを踏襲し、飲みやすさにこだわった日本の口にあうように開発された「銀河高原ビール ペールエール」。

本場の味へのこだわりももちろん、それ以上に、飲んだときの「もう一度飲みたい」と思わせる味わいを目指し、麦芽の「甘み」と、ホップの「苦み」が心地よいバランス感を備えたビールです。

フルーティなホップの香りと、ビタースウィートな味わい、紅茶のような琥珀色が特徴です。


アイキャッチ画像:http://tableware.noritake.co.jp/fs/tableware/tumbler/4975946330343より引用