アメリカのアイスクリーム事情が相変わらずヤバかった

Giant ice cream

アイスクリーム。春夏秋冬、いつ食べても美味しいスイーツですよね。お好きですか?

私は大好きです。

a53e0b2285318ac2ca950ad1d64cc055_m

日本には「小分け」されたアイスクリームがありますが、アメリカの知人からすれば

小っちゃ!!!

まるで親指サイズのアイスクリーム。おいおいジョニー、こんなの一口で食っちまうよ、HAHAHA!

ということで、ご紹介します。これが本場のアイスクリームだ!

アメリカのアイスクリーム事情

とにかくアイスクリーム好きなアメリカ人。

大抵の家庭では、冷凍庫にアイスクリームが常備されています。

が、そのサイズは……

でかすぎる。

本当にバケツです。

実際、食べ終えた容器をバケツとして使う家も多い模様。

止まらない衝動

わざわざお皿に載せるなんて、そんな面倒なことはノーセンキュー

持ったままソファに腰を下ろしてスプーンでほじくり食べる、食べる、食べる!

しばらく食べて味に飽きたら、今度はそこにチョコレートシロップ、ストロベリーシロップ、オレオクッキー、ピーナッツバター、マシュマロ、チョコレート、クッキー、ブラウニー……などなどを盛りまくってまた食べる!

……さすがアメリカ。これこそグローバルポチャの目指すべき道です。

恐るべき中毒性

そんなアイスフリークたちのためにアメリカのアイス業界が力を注いでいるのが「アイスクリームのトッピング」。

チョコレートシロップ、ストロベリーシロップというごく一般的なものにととどまらず、キャラメルソース、ミックスベリーソース、チェリートッピング、ストロベリートッピング、カラフルシュガー、チョコレートキャンディー……。

もはや味覚のゲシュタルト崩壊を起こしそうなほど甘すぎるトッピングの数々。

っていうかチョコレートキャンディーってなんだよそれ。

とにかく全てがきっちりデカい

アメリカのスーパーマーケットは基本的に巨大なのですが、中でもアイスクリームコーナーはまさにスーパーサイズ

右を見ても、左を見てもアイスクリーム。

巨大な所狭しとならんでいます。

アイスクリームラバーズにはたまらない、アメリカ事情。

是非、一度体験してください。