おいしい寿司画像と知られざる魚の薬効をひたすら貼っていくVol.1

01akami

日本人のみならず、外国人だって大好きな寿司。今や「SUSHI」はワールドワイドな食べ物だ。

だがそこのお前、寿司はただ美味しいだけだと思ってるだろ?

甘い!!!

旬の時期に食うみかんブリより甘いっ!!!!

みかんブリっていうのはみかんを食べさせて飼育したブリで、プリプリの身からほんのり甘い柑橘系のような香りがするのだ。飼育されているのはもちろん愛媛。愛媛人はみかんを魚にも食わせるのである。

……と、余談は置いといて。

寿司は味だけじゃなく、体にもオイシイ成分がたくさん入っている。

健康特盛りBOYを目指すなら肉のドカ食いよりは寿司のドカ食いなのだ。

 

いざお勉強タイム

しばらく来ていなかったココ、かっぱ寿司

kappa01 

撮影するために人がいない時間帯を狙って来たが思惑通り。

でも逆に人がいな過ぎて色々目立つし、なんか寂しい

kappa02

 

 

オレが食べた順番に魚に含まれる栄養を見ていきましょう

◆まぐろ

01akami

オレ、まぐろはトロより赤身が大好きだ。

まぐろ独特の香りが楽しめるし、飽きずにずっと食べていられる。

【効能効果】
高血圧予防、ボケ予防、動脈硬化予防、老化予防、眼精疲労緩和、肝機能強化

免疫力を高める健康 食べ物・栄養 食品効果効能ナビ』より引用

まぐろには、みなさんご存知の「DHA」「EPA」が多く含まれている。

今回は赤身を食べたが、DHAEPAはトロの部分や目玉の周りの脂に多く含まれていて、肉の脂身と違い、積極的にとるべき脂肪なのだそうだ。

マグロの脂肪に関しては、トロ以外にも目の周囲の肉に多く含まれるという不飽和脂肪酸のDHA(ドコサへキサエン酸)が、コレステロールを減らすとともに、脳細胞の成長を促して脳を活性化させます。

免疫力を高める健康 食べ物・栄養 食品効果効能ナビ』より引用

よく「DHAは頭を良くする」みたいな事を昔から聞くが、まさしく、だな。スーパーの魚コーナーではやたらあの曲が流れていた。そう、魚を食べると頭が良くなるのだ。

たとえばトロの脂に豊富なEPA(エイコサペンタエン酸)は血中のコレステロールを抑えて血液の流れを良くし、血栓をできにくくして、怖い動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞を防ぐ働きがあることが良く知られています。

免疫力を高める健康 食べ物・栄養 食品効果効能ナビ』より引用

DHAEPAがダブルでコレステロールに効くなんて、生活習慣病にかかりやすいワガママバディのオレ達にとって大助かりな『まぐろ』。

うん、美味しくて体に良いまぐろはガンガン食べるべきだな!!

 

◆はまち

02hamachi

はまち・ぶりを醤油につけた時、醤油に脂がパーッと広がるのがイイよな!

大好きだー。

【効果のある病名や症状】
高血圧・糖尿病・動脈硬化・痴呆症・がん・胆石症

生活習慣病を防ぐ♪ ~食べ物の栄養を知ろう~』より引用

まぐろと同じく、DHAEPAが豊富なのだそう。

醤油に広がるあの脂がまさにソレだな!

血合い部分にビタミンやミネラルが多く含まれている。あの血合い部分、苦手な人も多いよな。

健康のためだと思って残さず食べような!

◆甲いか・北海道産真いかそうめん

03kouika
04ikasoumen

オレの地元の青森県八戸市はスルメイカの水揚げが盛んな土地(ここテストに出ます)なので、いかには日頃慣れ親しんでいる。

今回はスルメイカじゃなく、甲いか・真いかだけどな。

【効能効果】
動脈硬化予防、眼精疲労緩和、肝機能強化

脂肪量自体は少ないイカですが、ことコレステロールの量となるとやや高めです。コレステロールは内臓脂肪として沈着し、動脈硬化などの原因となる成分であり、この点が以前は問題視されていましたが、近年イカには多く含まれるタウリンがコレステロールを減らす働きを持つことがわかり、こうした不安も解消しています。

免疫力を高める健康 食べ物・栄養 食品効果効能ナビ』より引用

コレステロールが高めのイカなのに、多く含まれているタウリンがコレステロールを減らすとは。

「オレ様のコレステロールで不健康にしてやんよ!」

「で、でも、タウリンでコレステロール下げてやるんだからね! べ、別にアンタのためじゃないんだからっ!」

なーんだ。ツンデレか。

おいおい、可愛いじゃねーか、イカ。

しかも、

脂質や糖質を合わせても、わずか1%強しかないという低カロリー食品であり、肥満や生活習慣病が気になる方におすすめの食材です。

免疫力を高める健康 食べ物・栄養 食品効果効能ナビ』より引用

だそうですってよ奥さん。

おい、そこのワガママバディ、イカが好きだったらいっぱい食え!!

まあ言われるまでもなくいっぱい食ってるだろうけどな!!

 

◆さんま

05sanma

実はオレ、光り物が大好きすぎるんだ。

苦手な人いっぱいいるよな光り物。

確かに、さんまやあじは新鮮な物じゃないと生臭いし、あたって苦しい思いするしな。

でも新鮮な光り物は生臭くないし本当に美味しい。

【効能効果】
高血圧予防、ボケ予防、動脈硬化予防、貧血予防、老化予防、がん予防

食品の栄養評価のひとつにタンパク価の(プロテインスコア)という基準があります。これはある食材のタンパク質に、必須アミノ酸(体内で合成されず食べ物により取らなければならないアミノ酸)の種類と量がどれくらいの割合で含まれるかを示すもので、サンマはほぼ100近くです。魚の中ではトップクラスで、牛肉やチーズさえもしのぐ効率の良いタンパク食品ということができます。

免疫力を高める健康 食べ物・栄養 食品効果効能ナビ』より引用

効果効能はまぐろとほぼ一緒だが、注目すべきはたんぱく質の量

プロテインを飲んでいる人はわかると思うが、プロテインスコアがほぼ100。驚きの数値なんだぜこれ。

高たんぱくだと言われている牛肉やチーズをしのぐってマジか!!

しかも牛肉やチーズと違って、取り過ぎても大丈夫な脂、DHAやEPAが豊富だから、ガンガン食べてガンガン運動したらムキムキになれるじゃねーか。

もうジムにはプロテインじゃなく、さんま持って行こうぜ!!

 

ここでちょっと箸休めに鶏唐揚げを食べさせてください

06karaage

アツアツでジューシーでウマー!

さて、寿司に戻りますよ

◆えんがわ

07engawa

子供やワガママバディのほとんどが大好きなえんがわ。

コリコリとした歯ごたえがあって、噛むとジワッと脂が染み出て美味しいよなぁ。

えんがわには「ヒラメ」のえんがわと「カレイ」のえんがわがある。

安い回転寿司のえんがわはコストを抑えるため、大体カレイのえんがわだ。これマメな。

【効能効果】
肌の美容作用、抗ストレス作用、老化防止など

コラーゲンが多く含有されていますので、アンチエイジングとして、若返り効果も期待できます。

栄養健康サイト』より引用

コラーゲンが豊富・・・

女性はもちろん、30歳をとっくに過ぎているオッサンなオレもコラーゲンを常に欲している。

えんがわ、いっぱい食べよっと(涙を流しながら)。

抗ストレス作用もあるえんがわ、ストレス社会に生きる現代人にピッタリだな。

 

◆まぐろたたき軍艦・まぐたく

08magurotataki
21magutaku

軍艦だが、握りのまぐろと効能は同じなので割愛。

「まぐたく」、前は「とろたく」っていう名前だったよなー。

なぜまぐろとたくあんを組み合わせようと思ったのか理由を知りたいが、ホント美味しい。

牛乳にたくあんは微妙なのにな!!

マジ、まだ許してねーからな、たくあん。

 

◆かにみそ

09kanimiso

かっぱ寿司のかにみそ、昔はかにの身は入ってなかったよな?

かにみそだけだったよな?

かにみそと身が入ったものは「かに&かにみそ」みたいな商品が別にあったよな?

記憶が定かではないので、他の寿司屋とカンチガイしているかもしれない。

【効能効果】
がん予防、肥満予防、高血圧予防、老化予防

かにをゆでると赤くなるのは、強い抗酸化作用を持つアスタキサンチンというカロチン色素のためです。カロチンは摂取すると体内でビタミンAに変わり、動脈硬化やがんの予防、老化を抑えるなどの効果が期待できます。

美容・健康情報サイト「ヘルしる。」』より引用

肥満予防!!

かにみそには肥満予防効果があるのか。

予防って事は、肥満じゃない人が肥満にならないようにするため、って事だよな。

すでに肥満なオレには何の効果が期待できるの?

……うまいから別になんだっていいな!

かにやかにみそは高価な場合がほとんどなので、こういう安い回転寿司を利用して積極的に食べたいものだ。

 

◆とろサーモン

11torosalmon

えんがわと同様、子供とワガママバディのアイドル的存在のサーモンなんだし。

そんなサーモンの「とろ」なんだからウマイに決まってるんだし。

【効能効果】
動脈硬化予防、眼精疲労、疲労回復、肥満予防

アスタキサンチンは、仲間であるリコピンと同様に、強い抗酸化力を持っています。抗酸化力が強いということは、多くの活性酸素を除去してくれるということです。
さらに、眼精疲労や筋肉の疲労にも効果を発揮すると言われていますし、運動時の脂質利用を促進することでメタボリックシンドロームの予防にも期待されています。

健康生活 – 元気の秘訣を毎日お届け』より引用

また出ました「動脈硬化予防」。

多くの魚に動脈硬化予防の効果があるのだなぁ。こりゃホント魚食べまくった方がイイな。

赤み成分であるアスタキサンチン、サーモン・鮭には「かに」と同じように肥満予防効果がある。

予防って事は、肥満じゃない人が肥満にならないようにするため、って事だよな。

すでに肥満なオレには何の効果が期待できるの?(本日2回目)

 

栄養素王・魚介類

いやー、スゴイね!

肉の脂と違って、魚の脂は体に良すぎ!!

「もうこれ以上脂はとらないほうがいい」と多くの人間に言われてきたオレだが、まさか食べて褒められる脂があるなんてな!

 

という事で、Vol.2に続くぞ!(9/26配信予定)