可愛いドーナツに涙の制作秘話が……「東京コパンダ物語」

kopa2

東京から遊びに来た友人にお土産を貰った。

kopanda01

『コロンと可愛いコパンダつき☆人気のドーナツ3コセット東京コパンダ物語』というらしい。

可愛いドーナツが生まれた「切ない」理由

少し前に、上野動物園のパンダの赤ちゃんが死んでしまった。(調べたら、2012年7月11日の事だそうだ)

箱の裏には、心にポッカリ空いてしまった穴を埋めるために……

気がつくとボクはコパンダと一緒に心の穴も埋めました

と書いてある。

「笑顔の花を咲かせたい」という気持から、穴からコパンダが顔をのぞかせるこのドーナツが生まれたんだそう。ドーナツの穴と、コパンダの死で空いてしまった心の穴をうまく掛け合わせた商品だなぁ。

可愛いけど、切ない。切ないけど、可愛い。

そんな商品が『東京コパンダ物語』だ。

箱の中身は

箱を開けると、中には小分けにした箱が3つ。

kopanda02

この梱包の仕方だとドーナツが縦になってしまうのだが、横になるようにした方がイイと思うんだよなぁ。パンダ落ちるぞ。

フレーバーは「北海道ミルク」「北海道カボチャ」「ココアチョコ」の3つ。
他にも「知床の塩」と「チョコチップ」があるみたい。

その小分けにしてある箱を開けるとこんな感じだ。

kopanda03

なんて可愛いドーナツ・・・メンズのオレもキュンとしてしまう可愛さだぜ。

可愛さはわかったが、味はどうなんだ

切なさや可愛さを売りにしているだけで味がマズかったら、それはもう人の心につけこんだ悪徳商品である。

問題は「味」だ。

◆ 北海道ミルク

kopanda_milk

北海道ミルクのこのコパンダ、恥ずかしがり屋なのか、穴の奥に潜り込んで全然顔をのぞかせていない。コパンダの顔が見えないせいで、穴からカエルが顔をのぞかせているように見える。

ドーナツの断面を見せるために半分にカットした画像もあったのだが、コパンダを半分に切ってしまっている画像を載せるのもアレなのであえて使わなかった。

中にクリームなどが入っているわけではなく、フレーバーは生地に練りこんであるようだ。ひとくち食べてみると、ん……? 甘さの中に塩分を感じる。

箱の裏にある原材料名を見てみると「塩生キャラメル」とある。その他にも「塩」そのものが材料として使われている。塩分を感じる甘いドーナツを食べるのは初めてだが、意外と美味しい。

甘みが引き立つというより、甘みが締まるという感じ。

これは牛乳に合うな!

◆ 北海道カボチャ

kopanda_kabocha

北海道ミルクのコパンダと違い、北海道カボチャのコパンダはしっかりと顔をのぞかせている。うむ、クオリティも高くて可愛いな!

大量生産だからブッサイクなコパンダになってるんじゃないかなと思っていたが以外にしっかりしている。

では実食。

生地にカボチャの種が入っていて、歯触りがいいアクセントになっている。やはり塩分を感じるが、カボチャの香りにこの塩分は正解だな。

カボチャの煮物に塩や醤油を入れて甘じょっぱい味付けにするのと雰囲気は似ている。これも牛乳に合うなぁ。

◆ ココアチョコ

kopanda_cocoachoco

このコパンダは、そっぽを向いていてツンデレなのかな。(オレの撮影の仕方次第だな)生地にはチョコチップが練りこんであるようだ。

味は、思ったよりビターな感じだが、後から甘さがくる。牛乳も合うだろうけど、これはコーヒーが飲みたくなる。

東京コパンダ物語の兄弟的商品

東京コパンダ物語は、北海道標津郡中標津町にある「株式会社味のオーハシ」という会社がやっている「シレトコファクトリー」というお店が製造販売している。

kopanda03

箱にも「Tokyo Ueno × siretoko」と書いてあるように、東京コパンダ物語は上野駅エキュート上野店内のシレトコファクトリーの上野限定商品。これを購入するには上野に行くしかないが、東京コパンダ物語とほぼ同じ商品が楽天市場で購入できる。

この画像を見て、「東京コパンダ物語と何が違うの?」と思うかもしれないが、穴に入っている動物がパンダではなくクマなのだ。

フレーバーも共通のようなので、違いはそれだけかもしれない。

「シルシルミシルさんデー(テレビ朝日・放送終了)」や「ヒルナンデス(日本テレビ)」でも特集された程の人気商品らしく、日によっては店頭でも売り切れになるんだとか。

楽天市場は日によって在庫が少ない日はあるものの、売り切れになる事はほとんどないと思うので、この可愛さを目の当たりにしたい方は是非、楽天で購入を。

男子はホワイトデーのお返しなんかに使うと女子の心を掴める。かもしれない。