探求型ぽちゃ子がゆく!秋の味覚”カツオ”がさらにおいしく食べれるお料理とは?!

katuo

暑さのピークも過ぎていよいよ『食欲の秋』はすぐそこ!

秋の魚といえばサンマですが、”カツオ”も旬であることがよく知られています。

そんなカツオ、『生臭いから嫌い』なんて方も実は多い食材です。

生臭さを消すために生姜やニンニクを付けて食べるにしても、薬味も苦手…なんていうあなたでも、簡単に、おいしくカツオを食べられる方法があるのです!

katuo

カツオの臭みを少しでも取ろう

katuo1

美味探求型ぽちゃ子たるもの、カツオの生臭さは少しでも軽減しなければなりません!

そんなカツオをよりおいしく食べるためには、サッと水洗いし、キッチンペーパーで水分を拭き取る事が必須

「早く食べたい…!!!!!」という衝動を抑えつつ、しっかりと下ごしらえをしましょう。刺し身になっている場合でも、一つ一つ水洗いして、水分を拭き取る手間暇が大切。

多少の型崩れは目をつむって下さいね。

見た目より味が重要!!

多少の手間より味が重要!!です!!!

カツオとマヨネーズの相性は◎

カツオは鮮度落ちが早く、そのぶん生臭さも強くなるのだとか…。

しかし、スーパーの刺し身などは、食べる時には既に鮮度が落ち始めていますので、どうしても生臭いのは避けられません。

そんな時は、カツオの刺し身を醤油に漬け込み、漬けカツオを作ってしまいましょう!!

薬味が苦手なら、完成した漬けカツオにぽっちゃりの味方『マヨネーズ』をかけると生臭さがさらに減って美味しく食べられます♪

katuo2

薬味が平気な人は、生姜醤油やニンニク醤油に漬け込み、マヨネーズで食べると普段と違った味わいになりますよ。

普段の食べ方に飽きてきたら、是非マヨネーズをっ!!

マヨ納豆のカツオ丼、1度食べたら病み付きにっ!!

katuo3

醤油に漬け込んだカツオを、甘めの酢飯の上に乗せていきます。その上に納豆とマヨネーズを混ぜ混ぜしたものを乗せ、刻み海苔をお好みで。

作るのが少し面倒臭い気もしますが、基本的にはまぜてかけるだけ!!予想外に美味しいのです。どちらかと言えばお子様向けのカツオ丼ですが、満足度は満点です。

せっかくの秋の味覚…苦手と言わず試してみてっ!!

katuo4

マヨネーズを付けて食べるなんて”邪道”だと言われる事がありますが…、わたしは言いたい。

「マヨを馬鹿にすんな!!!」

マヨネーズってわたしら界隈じゃ「万能調味料」なんだかんな!!!

そう、わたしは美味探求型ぽちゃ子。周りの目なんて気にしない。美味しく食べられるなら良いではありませんか。カツオが苦手な人も、そうじゃ無い人も、是非お試し下さい。

きっと”邪道喰い”にハマりますよ。