細く見せたい?太く見せたい?色だけじゃない服の選び方とテクニック

pocha

体型が気になる女性向けの記事ではよく「スタイルがよく見えるファッション特集」的なのはあるけど、体型が気になる男性向けの記事ってそれほど多くないですよね。

ボディラインの悩みは人それぞれ

暑い季節は肌の露出する服装が多くなって体のラインが余計に出てしまう事に悩んだり、寒い季節は厚着して体型より更に大きく見えてしまう事に悩んだり、女性だけではなく男性だって気にする人はいる。

一番イイのは、太い体型が気になるなら服装で誤魔化さないで痩せる事。この記事を前にそれを言ってしまったら元も子もないな!(笑)

「この体型に誇りを持っているから痩せるつもりはない」という人もいるだろうしな。俺のように。

そこで今日は、「痩せて見える」というよりは、「全体のバランスが良くてスタイリッシュなワガママバディに見える」方法(男性向け)の話だ。

pocha

暗い色の服さえ選んでいれば締まって見える?

黒や紺や青などの寒色系の服は締まって見えるというのは誰もが知っている事だと思うが、色さえ気を付けていればイイという簡単な話ではない。

冬だったら暗めの色のトップスやパンツ(長ズボンの事な)でコーディネートすれば締まって見える。

「じゃあ夏も暗めの色のトップスやハーフパンツやショートパンツでコーディネートすればOK!」じゃないんだよ!!

寒色系の色で締まって見える部分っていうのは、寒色系の布で包まれている体の一部分だけ。

下の画像を見てほしい。

halfpants01

左はベージュ色のハーフパンツを穿いている状態、右は黒のハーフパンツを穿いている状態だ。

左は下半身が全体的に太く見えるが、左はふくらはぎの太さだけに目がいかないだろうか。

締まって見えるように黒のハーフパンツを選んだのに、太ももやヒップだけが締まって見えて露出しているふくらはぎはバーンと目立つ。黒のハーフパンツより色の白い肌は、どうしても黒とのギャップで膨張して見えてしまう。

トップスでも同じ事が言えるぞ。黒のTシャツを着た場合、布で包まれている肩・胸・腹・背中は締まって見えるが、露出している腕・首は逆に膨張して見えてしまう。

じゃあどうすれば少しでも締まってみせられるのか。肌に黒のスプレーを吹きかけよう。そうすれば肌が露出している部分も締まって見えるぞっていうのは冗談だぞ!!

halfpants01

もう一度画像を見てほしい。

肌が露出している部分を少しでも締まって見えるようにするには、膨張色を取り入れる。上の画像は白のスニーカーを履いている。白は膨張色なので足は大きく見えるが、上のふくらはぎはスニーカーの白より黒いので逆に締まって見える。これを黒のスニーカーにしてしまうと、黒のハーフパンツと黒のスニーカーに挟まれたふくらはぎは余計に太く見えてしまう。黒のTシャツの場合は手首に暖色系のリストバンドや時計をつけるとイイ。

締まって見える寒色系と、膨張して見える暖色系の色を組み合わせる事で全体的にバランス良くスタイリッシュなワガママバディに見せられるのだ。

color

一番上をハーフパンツの色、真ん中を足の肌色、一番下を靴の色とした時の見え方。Aは靴の色が一番膨張して見え、Bは足の肌色が膨張して見え、Cはハーフパンツと靴の色が膨張して見える。

色だけではない、肌見せのテクニック。

寒色系と暖色系の組み合わせで締まって見えるような錯覚を作れるが、色以外でもテクニックはある。

halfpants02

左側と右側、どちらの足が細く見えるだろうか。右側の方が締まって見えるはずだ。

膝下で一番太い部分はふくらはぎ。そのふくらはぎ全部を晒すと太さを主張しすぎてしまう。なのでふくらはぎの主張を少しだけ隠してやる事で引き締め効果がうまれる。

Tシャツの袖も同じで、腕で一番太い二の腕部分までしかない袖のTシャツだと腕が太く見え、二の腕~肘ぐらいの位置に袖があるTシャツだと腕が締まって見える。

昆虫体型という言葉を知っているか?

konchu

昆虫体型とは・・・カブトムシをイメージしてほしい。ずんぐりした胴体に、細い手足。それと同じようなシルエットの人の体型の事を昆虫体型という。

ワガママバディのランクから言うと、昆虫体型はエリートとは呼べない。全身満遍なく太る事がエリートの条件だからな。

しかし、そんな昆虫体型も上で書いた方法の応用で少しは改善できるぞ!

太い胴体は寒色系のTシャツやハーフパンツでカバーし、細い手足は寒色系の時計や靴を駆使して、服の寒色系との相乗効果で少し太く見えるように。Tシャツの袖は二の腕が出る長さのものにして、ハーフパンツの長さはふくらはぎ全部が出るような膝丈のものにする。

ちなみに・・・

いくら足を見せたいからと、ここ何年か流行っている膝上のショートパンツ、女子受けはかなり良くないみたいだからオススメしないぞ。

異性が嫌がるものが流行するとか本末転倒な気もするな。

 

ワガママバディは全体のバランスが大事

今回の記事、「締める所は締めて、見せる所は見せる」テクニックで、少しでもバランス良くワガママバディをアピールしたいという人のエールになればと思う。

でも、ワガママバディは夏に寒色系の服を着ていると塩が浮き出てくるから汗のケアは忘れずにな!!