スーパーの閉店一時間前ぐらいから始まる半額の威力

super

自炊をしている人でも、家族がご飯を作ってくれる人でも、スーパーの総菜を買う時ってありますよね。

食べたいものを食べたい量だけ買える幸せ。

スーパーの総菜コーナーはもちろん、デパ地下の量り売りの高級総菜など、もう食べきれない程の種類の総菜が溢れている現代。

super

食べたいものを食べたい量だけ買える現代に生まれて幸せ。でも・・・たくさん食べる人にとって食費ってバカにならないんだよね!そんな時、閉店時間が迫った総菜コーナーって私達にとって楽園になる。

シールに宿る、不思議な魔力・・・

飲み物を買うつもりで店に入ったのに、総菜に貼られている『半額』のシールを見てしまうと買わざるを得ない。

あの半額シールの魔力はハンパない。買うつもりはなかったのに、気づいたらいくつもの半額商品が買い物カゴに入っている。

いつのまに!!!!!!!

もしかしたら、半額になった惣菜コーナーの事を楽園と言ったのは間違いで、魔界なのかも。

ビールを買いに行っただけなのに、半額の肉が私を誘うんだ・・・

hangaku01

夜中に食べる寿司ってなんでこんなに美味しいんだろ。これだけ買っても1000円チョット!

hangaku02

どうなる!?売れ残りの惣菜達の運命

話はチョット変わりますが、高校生の時、デパ地下でバイトをしていた私。

現在はどのようになっているかわかりませんが、半額になっても売れ残ってしまった総菜って、閉店後に廃棄しちゃってたんですよね、当時は。

なので、このままだと廃棄されるだろう総菜をバイト終わりに裏でむさぼり食べてました。大人になった今でも食べ盛りですが、中高生って食べ盛りじゃないですか。

学校終わりで閉店までクッタクタになるまでバイトした後の空腹感ってこの世の終わりぐらいに感じてましたよね、うん。そんな状態で一人前2000円ぐらいの寿司を2~3パック食べたりなんかして。

susi

高校生は自腹で4000~6000円の寿司を食べるなんてまずないですから、そういう意味でも満足あったなー(昔を思い出して微笑む)

なにより、このままだと廃棄される運命にあった寿司達を救出してあげたんですから、寿司にとっても私はヒーローだったはずだ。

割引のシールが貼られるタイミングっていつだろう

総菜コーナーで割引シールが貼られ始めるのは、店によって違いはあると思いますが閉店1~2時間前ぐらいから。

最初は50円引きや100円引き、10%引きという割引率の低いシールからスタートして、閉店時間が迫れば迫る程、割引率の高いシールが貼られていき、最終的に半額シールが貼られるわけですな。

eyecatch

でも、半額シールが貼られるのは閉店前だけじゃないんですよ実は!

消費期限が次の日の昼頃だったりする総菜は、当日は半額にはならず、次の日の開店と同時に半額になっていたりするんです。

知っていました?

半額惣菜を手に入れるチャンスは閉店前開店直後の2回。

大事なことなのでもう一度。

半額惣菜は閉店前と開店直後で買える!!(かもよ!)