絵本の世界でもデカ盛り☆【バムとケロ】の『山もりドーナッツ』を作ろう

DSC_0108

縦横無尽にスペシャルサイズ(主に横)な我が身にも、かわいらしいミニマシュマロ時代がありました。

幼いころ、絵本に出てくる食べ物にはそれはそれは憧れたものです。
だってどれも美味しそうで、その上たいてい山もりなんだから!!

何十枚も積みあがったホットケーキ、かごいっぱいの焼き立てクッキー、数え切れないほどたくさんの種類があるパン、山盛りドーナッツ。
ああ、思いだしただけでお腹が鳴る…

待望のレシピ集が発売されました

518GiYs+-eL._SX258_BO1,204,203,200_

amazonより引用

発売当初から人気を博した絵本【バムとケロ】シリーズ。グッズも多数発売されていて、ファンの多さがうかがえます。夢見がちマシュマロボーイズ&ガールズ的には白い犬バムの体型に親近感を覚える、素敵な絵本です。

この春、このシリーズから待望のレシピ集が発売されました。今回はその中から、【バムとケロのにちようび】にでてきた山もりドーナッツを作ってみようと思います。

いざ、初ドーナッツへ

作って食べれるバクバクさんなのでこれまでいろいろな物を自作して来ましたが、ドーナッツは初めて。緊張します。

DSC_0093
卵を混ぜて

DSC_0094
砂糖を突っ込んで……。

……。

砂糖をもうちょっと足したいという欲望にかられますが、初めてなのでレシピどおりに作ります。初めて作るレシピを自己流に改造するのは事故のもと。経験者は語る。

なんだ楽勝じゃん(フラグ成立)

DSC_0099
粉をふるって卵に混ぜて、木べらできるように混ぜます。

DSC_0102
ひとかたまりになったら、麺棒で延ばします。
この段階で美味しそう…つまみ食いしたいが、生の生地はダメだ…くっ、鎮まれ俺の右腕と腹の虫……!

なにこれ難しい(フラグ回収)

DSC_0103
コップを使って生地を抜いていきます。ドーナッツのアイデンティティたる穴は、菜箸をつかってあけるといいとレシピ本にあったのでその通りにします。

穴がないドーナッツなんてちょっと軽めなサーターアンダギーですからね。

DSC_0104
だからいとおしき我らがぽっちゃりフィンガーに繊細な作業をまかせてはならぬとあれほど。あれほど言ったというのに。中央あたりのおぞましい形のドーナッツは、食欲が暴走したのではなくケロちゃんドーナッツを作ろうとしたなれの果てです。

いいんだ、食べれば皆一緒。体にならって心もおおらかにいきましょう。

レシピの真髄、山積みへ

DSC_0105
油で揚げます。

ここで、揚げればもしかして形が良くなるのではと言う儚い願望は塵と消えました。

DSC_0108
少し冷ましたら、皿に山と積んで完成です。積むまでがレシピですよ皆さん。

つまみ食い?

1つ2つはしたけど、大丈夫、残りで積めたから。

そして揚げたてのドーナッツ、これは麻薬だった。手が止まらない。病みつきになる。こんな危険な物体が家庭で簡単に作れるなんて…嘘だろう? 子どもの夢も、俺の脂肪もさらに膨らんでしまうじゃないか。

まあ、うちには俺一人しかいないから、膨らむのは脂肪だけだけどな。うまいこと言った。二つの意味で。

今日もごちそうさまでした。