麺・めん・メーン!台湾で名物麺料理をハシゴしてきた件。

IMG_0931

日本人が麺料理好きであることに異論を唱える人はいないですよねえ。そば・うどん・ラーメン・パスタなどなど、毎日一食は麺を食べてるぜって人も珍しくないはず。

でも世界は広い。日本人に負けないくらい麺を愛する人たちがいるのですよー。飛行機で3〜4時間ほどの地に。そう、台湾です。

 

一大観光地「九份(きゅうふん)」で麺を食べます。

台湾きっての有名観光地、九份(きゅうふん)。あのジブリ映画「千と千尋の神隠し」の舞台のモデルになったと噂された街で、飲食店やみやげ物屋が石段に沿ってずらりと並ぶ風景は何ともレトロでいい雰囲気。

IMG_0980

やっぱり夜がオススメです。

 

その街中で出会ったのが、この二つの麺。

IMG_0929

 

まずは台湾グルメでも人気の高い牛肉麺(ニュウロウ麺)。

IMG_0931

見た目ほどしつこくなくてスッキリ。肉の旨味が感じられる味ですねー。

 

次はシンプルな雲呑麺(ワンタン麺)。

IMG_0930

びっくりするほどあっさり味。朝ごはんに食べてもいい感じです。

 

台北の街角でも麺を食べます。

台北の街を歩いていても、至るところに麺料理の店の看板が目に入ってきます。ホントに台湾の人は麺類が大好きみたいです。

こちらは炸醤麺(ジャージャー麺)。

IMG_0996

肉味噌は甘くなくてニンニクが効いてます。

こちらは涼麺(リャン麺)。

IMG_0998

日本の冷麺とは似て非なるもの。「涼麺」とは書いていますが、常温です。知らずに一口食べるとちょっと微妙な気分になります。

 

もちろん夜市でも麺を食べます。

台湾でB級グルメといえばやっぱり夜市巡りでしょう。夜市でももちろん麺料理が食べられます。

こちらは麺線。

IMG_1022一言で表現するなら温かいソーメンですね。懐かしい味わいで何杯でもツルツルいけますねー。

そして最後はこちら。担仔麺(タンツー麺)。

IMG_1048

肉そぼろ・エビ・香菜のバランスが絶妙。コクがあってめちゃくちゃ美味しい。

以上、台湾は麺料理だけを食べていても飽きないくらいの麺パラダイスなのでした。バンザイ炭水化物。