タモリさん考案の【豆腐丼】がお代わり待ったなしの美味しさだった

tamori5

以前タモリさんが『笑っていいとも!』でレシピを公開したという【豆腐丼】。
放映からは年月が経過していますが、毎年夏になるとどこからともなく作ってみました報告やレシピが回ってくるので、ずっと気になっていました。
超簡単でヘルシー、そして美味しい!とのこと。
梅雨前でべたっと暑い日に、満を持して作ってみました。

ポイントはいぶりがっこ

材料はご飯、豆腐、そしていぶりがっこ。これだけです。
あとはネギやゴマといった薬味と醤油。
…いぶりがっこ、ご存じない?

tamori1
秋田県の誇る、お漬物です。
たくあんをいぶしたもの。
独特の風味が癖になります。
我が家は秋田県が近いので結構簡単に手に入るのですが、手に入らないときはたくあんでも可のようです。

作るというほどのものでもない

tamori2

いぶりがっこを刻みます。
タモリさんは分量までは言わなかったらしいので、量はすべて筆者好みです。

豆腐を投下します。多めに。

tamori3

絹豆腐を1丁まるっといれます。
多いかな、と思いましたが豆腐大好きなのでいいんだ。

スプーンでがしゃがしゃとかき混ぜる

醤油とすりごま、そしてアレンジでかつお節をいれます。
ネギは買い忘れたので省略です。
スプーンでよく混ぜます。

tamori4

はっきり言って、見た目は良くないです。
やばい、ネギ必要だった。彩り的に。

せめて器は可愛くしてみた。

ご飯をどんぶりによそい、出来あがった豆腐を盛りつけ、最後に半熟卵を乗せます。

tamori5

器でどうにかなる問題じゃなかった。
盛り付けが悪いのもありますが、色もあんまりよくないよね!?
これをネットで記事にしていいのか迷いますが、問題は味だ!味が良ければ良いんだ!

恐る恐る食べてみると…
なんだこれ。
めちゃくちゃ美味しい!!
たくあんでも代用可、とネットではあるようですが、絶対これはいぶりがっこを使うべき。
たくあんでも美味しいでしょうが、いぶりがっこの香ばしい風味が豆腐とよく合う!!
ご飯がめちゃくちゃ進みます。
多めに作ってよかった、ご飯をおかわりしちゃいました。
口当たりがいいのでいくらでも食べられます。
タモさんはすごいなあ…!!
ぜひこの夏、お試しください。