夢の土鍋プリン(デブサイズ)を食べよう!

purin9

「土鍋プリン」

・・・素敵な響きですね。

最近ではテレビや雑誌でレシピが紹介されたり、街のケーキ屋さんでも見かけることが多くなりました。が、土鍋プリンは、一人用サイズの土鍋に作られていることも多いのです。

違うんだよ!!

tigau

全くもって違うんだ!!一人用土鍋で作ったプリンではなくて、実際に使われる3~4人前土鍋サイズのプリンが食べたいんだ!!これこそが甘党のロマンだろうに!!

ということで、寒い時期にお世話になる土鍋を、台所の隅から引っ張り出してきました。

天国は、卵と牛乳と砂糖でできている

普段作るプリンは電子レンジで出来るマグカップサイズのもの。

土鍋サイズのプリンとなると、電子レンジでは作れないし、かといって我が家のちゃちなオーブンレンジじゃ蒸し焼きもできないし…と諦めていたのです。しかし、福音がもたらされました。

NHKの朝の情報番組【あさイチ】で、直火で作る土鍋プリンのレシピが放映されたというのです。

ちょっと“す”が入るとのことですが、そのくらい全く問題なし!

では、早速作ります!!

主役の卵さまは・・・

\ずら~っ/
purin1

いつも買ってる安い卵なのですが、何故か赤玉だけのパックがあったのでそれを使います。なんだかぜいたくな気分。

レシピの倍量で作ります。

レシピでは6号サイズの土鍋とありますが、今回用いるサイズは8号。いっぱい食べたい!というド健全な願望も相まって、倍量で作ります。

purin2

なんたる美しいイエロー、目の保養ですね。これで卵6個分。そんな大した量じゃないかな、と思ったのですが・・・。

砂糖と牛乳投下

purin3

砂糖100gと

purin4

牛乳500mlをいれます。

ボ、ボウルからあふれそうだ!!私の土鍋プリンへの期待感のように!!どうにか泡だて器でかき混ぜます。

ものすごくワクワクしてくる

purin5

そしていよいよ土鍋の登場です。

purin6

我が家に目の細かいざるはないので、味噌こしでこしながら液を注ぎます。

purin7

かき混ぜながら、火にかけます。とろっとしてきたら火を止めて、蓋をします。

あとはそのまま余熱で10分、とのことですが、サイズがサイズなので念のため保温。

purin8

バスタオルでくるんで、20分放置。あとは冷蔵庫にいれて、明日のお楽しみです。こんなにワクワクするのは小学校のパン工場見学依頼です!

余談ですが、土鍋は我が家の一人暮らしサイズ冷蔵庫には入らず、蓋をとって他の食料をよけてどうにか冷やしました。

夢みたいな光景でした

さて次の日・・・

蓋を開けたらそこは・・・天国でした・・・(感涙)

purin9

ちなみにこの写真はカラメルソースをかけています。比較写真撮り忘れましたが、このスプーンはカレー用のでっかいスプーンです。

夢のようなひとときでした。天国は予算100円弱で作れるんですね。

やはり火を通しすぎたらしく、一部滑らかさがなかった部分もありましたがそれも含めて美味しかったです。とにかく、ひとりで土鍋抱えてプリンを食べるというシチュエーション自体が、美味しい。

あ、そうです、デブです、ひとりで卵6個使用のプリン食べました。大満足です。もう思い残すことはありません。あ、でも風呂場でゼリーにトライするまでは死ねないです。