大切なことはすべて肉が教えてくれた。デブのための【良い肉使ってる】ステーキ専門店10選

b405c346d3b933552be74af3f409c73b0ccbee5a1387952770

 

見てるだけでもたまらない。あの肉が焼けるにおいだけで、どんぶり飯3杯は行けそうだけど、やっぱりリアル肉が食べたい!

しかも、ハレの日にはちょっと張り込んで、いい肉を食べてみたい。そんなときのために、東京のステーキの名店10店を一挙ご紹介しよう。

1. ルースクリス ステーキハウス

一歩足を踏み入れると、そこはまるでアメリカの個人宅にでも招かれたかのようなシックな設えのインテリア。店の代名詞である直火焼きステーキはもちろん、伝統に育まれた料理の数々は、特別な日にふさわしい逸品ばかり。記念日のお祝いや、家族親族の集い。大切なお客様とのビジネスミーティング。懐かしい友との語らい。そんな日はぜひ、舌と心を解きほぐす最高のダイニングを、ルース クリス ステーキハウスで。

ルースクリス東京より引用

 

ルースクリスのステーキは長年培った独自の製法で熟成された最高峰のビーフのみを使用しています。
トウモロコシ飼育による肉本来の旨みをその内側にギュッと閉じ込めるよう約980度のブロイラーで焼き上げます。
お好みに焼き上げたステーキを約260度に熱したプレートにてご提供します。ステーキにバターをおかけし、熱々の状態でお持ちいたします。バターの有無などご希望がございましたらご用命ください 。

ルースクリス東京より引用

 

やっぱりトウモロコシを食べて育ったアメリカ牛はうまい。牧草肥育の豪州牛とは比べ物にならないのだ。

そしてこの店のステーキは分厚い鉄板に肉だけが無造作にのせられて出てくるので、びっくりする。そっけないくらいなのだ。

そしてでかい!……というより、高い!標高的な意味でだ。この分厚さからは想像できない肉の柔らかさに感動することだろう。

ポテトやインゲンなど、チョイスした付け合せは別皿で運ばれる。量も大満足なアメリカンサイズ。ついでにデザートのタルトなんかも、ホールかとおもうほどデカい!

この店はわかってる!

2. The Oregon Bar and Grill

 

厳選された最上級の牛肉を炭火で香り高く焼き上げる。

合わせるのはオレゴンの自然の豊かさを彷彿させるオレゴンワイン。
心地よいサービスと、42Fからの景色は、日常を非日常へ変えるマジックをもつ特別な空間です。

オレゴンバー&グリル HPより引用

 

眺めは最高。そして食事のポーションもアメリカンサイズだ。

そしてコースで食べていくと、最後の肉が入らないんじゃないかと思うくらい、腹いっぱいになるのだ。

肉だけで満足させない味とボリュームに満足すること間違いなしだろう。

3.  Steak Dinnig Vitis

Address
東京都目黒区上目黒3-1-13 Barbizon49 B1F 〒153-0051

Tel
03-5708-5015

Steak Vitis HPより引用

 

紀州備長炭を使った炭焼きステーキを食べられるお店。厳選された黒毛和牛を、落ち着いた雰囲気の大人の店で食べることができる。

高級かつ新鮮な肉を表面を軽く焼いた状態で食べる。想像しただけで口から大量の涙が溢れ出そうだ。

是非ともハレの日に一度食べに行きたい!

4.  鉄板焼 さざんか(ホテルオークラ東京)

00006 (1)

ホテルオークラ さざんかページより引用

特選和牛をはじめ、新鮮な魚介類や野菜をシェフがお客様の目の前で焼きあげる、さざんかの鉄板焼。素材の持ち味を存分にお楽しみいただけます。

場所 本館11階
TEL. (03)3505-6071
営業時間 ランチ  11:30~14:30
ディナー  17:30~21:30
メニュー 昼のおすすめ定食 ¥6,000~
夜のおすすめ定食 ¥13,000~
禁煙席 全席禁煙(個室を除く)
個室 4室

ホテルオークラHPより引用

 

さすがオークラのレストランなのである。サービスも肉も一流。

手で触れるとたちまち溶け出してしまうサシの甘味をじっくりと味わいたい。

ここなら間違いのない選択だ。

5. みすじ

 

焼肉店とあなどるなかれ!ステーキに使われる赤身部位の シャトーブリアンやミニヨンなども焼けるそうだ。スタイリッシュな店内は、焼肉やの概念を変えること間違いなし!

 

 

 

 

 

6.ザ・ステーキハウス (ANAインターコンチネンタルホテル東京)

 

 

以前はチャコールハウス炙 という名前だったが、ザ・ステーキハウスに変わっている。炭火焼のこだわりニュージーランドビーフが食べられるお店。

肉だけでなくサイドメニューにもこだわりがある。

 

7.ウルフギャング・ステーキハウス

The Americaという形容詞がぴったりの、Tボーンステーキが食べられる、ウルフギャングパックのステーキ店。とにかく大きい。プライムリブアイ・ステーキなどもあり、何事もビッグサイズなアメリカンなステーキが堪能できる。

8. 但馬屋 虎ノ門ヒルズ店

 

 

 

エイジングビーフ(熟成肉)で有名な但馬屋の、東京進出1号店がこちら。

外側はカリカリ、中はお好みの焼き加減で焼いてくれる。

 

 

9. オークドア (グランドハイアット東京)

 

 

六本木の夜景を望みながら、『神戸サーロインステーキA5』とワインを堪能

「グランド ハイアット 東京」の6階にあるステーキ・グリル料理の店【オーク ドア】の自慢は、エントランスドアを抜けてすぐに眼前に広がるウッドバーニングオーブン。A5等級の神戸サーロインステーキや、ホルスタインと但馬牛の良い部分を残したF1(交雑牛)などの厳選食材を、自慢のオーブンを使い300度の高温でダイナミックに調理。表面にオークの香りを纏い旨味を閉じ込めたこれらの逸品は、約300種を揃えるニューワールドのワインと相性が抜群です。…以下略
安倍首相など、著名人も多く訪れるオークドア。2015年1月から、コースの一皿ごとに相性のよいクラフトビールが提供されるペアリングディナーが始まったそうだ。
グランドハイアットからの夜景を見ながら、旨みが閉じ込められた高級な神戸牛やアメリカンビーフなどを、ミディアムレアでいただきたい。
グランドハイアット内にあるだけあってサービスも一流だから、特別におめでたい日に贅沢したい人はここをおすすめする。

10. ニューヨーク グリル&バー

472e31d434384fdce7e8b9f3b94998a8

マカロニより引用

 

海外セレブ御用達の西新宿 パークハイアット52階にあるレストラン。もちろん料理も素晴らしいが、ここの夜景を見ながらステーキを食べよう。価値観が変わる。意識が変わる。他のデブとはちょっと違う、ワンランク上のデブを目指すのだ。

 

 

アメリカンカジュアルなステーキハウスから、高級ホテルのメインダイニングまで、様々なテイストのステーキハウスをご紹介したが、いかがだっただろうか?

ボリューム重視のワンコイン系ステーキももちろんアリだが、臨時収入があったときや、ここ一番という場面では、こういう高級店に行って、一流を経験してみよう。そう、肉が人生に必要なことをすべて教えてくれるのだ。