【基礎の基礎が旨いってことを今日何度も言っておきます】ピッツァの基礎知識~ピッツァ・ロマーナ編~

DK_IMG_5030

ピッツァ・ロマーナ、、、アンチョビが効いててカリカリの生地ですごくおいしいですね〜

 

今回はピッツア・ロマーナについてかいていきましょう!

ピッツァロマーナとはローマ風ピッツァ???

と思われがちですが実はピッツァロマーナとローマ風ピッツァは別物なのです。

 

ピッツァロマーナは・・・

具材にニンニクやアンチョビをつかうとされています。

ローマ風ピッツァは・・・

生地が1cm以下と薄く、カリカリとした食感んピッツァのことをいいます

 

それでは、美味しく♪学んでみましょー!!

 

ナポリのピッツァとローマのピッツァ違い・・・

92_1

地球 絶景紀行 より引用

 

ナポリ風のピッツァか、ローマ風のピッツァか・・・違いがわかりますか?

それは味や具材ではなく生地でわけられてるといいます!

 

ナポリのピッツァは・・・

生地が厚くふんわりと焼かれているのが特徴です。

napolitoha

神戸御影にあるナポリピッツァ(ピザ)のお店 Bene bene ベーネ ベーネより引用 

ローマ風のピッツァは・・・

先ほどもかいたように生地が薄くカリカリした食感なのです。

DK_IMG_5030

DesignKYOTOより引用

画像で見るとわかるように生地の厚みがまったくちがいますよね??

あなたはどちらがお好みですか???

 

 

ミュータントタートルズはニューヨーク生まれなのでピザはアメリカ風かな?(笑)

知ってる人いましたら教えてください。

07ecb0b850 (1)

みんカラより引用

 

 

 

ピザーラやピザハットなどデリバリーピザは生地の厚さが選べますね♪

しかし、デリバリーのピザはアメリカが発祥なので本場ピッツァとは言えません。

本場のピッツァはのせる具材も少なくシンプルに作られています。

アメリカ発祥のピザは具材がごろごろとのせられていますね♪

どっちも美味ですが・・・♡笑

 

 

謎の食材!?アンチョビ

 

20101130_1440135

La mimosaより引用《自家製アンチョビ》

 

アンチョビとはイワシ科の魚の名前です。

イタリアではアッチューガ(acciuga)、フランスではアンシュワ(anchois)と呼ばれています。

 

主にスペイン料理などでよくつかわれます。

アンチョビの塩蔵は、三昧におろして塩漬けにして冷暗所で発酵させます。

オイルサーディンといった似た物がありますがオイルサーディンは油漬けなので、

アンチョビのほうが塩辛いです。

 

女の子達がよく食べているバーニャカウダのディップソースにも必ず使われていますね〜

やっぱり野菜よりピッツァでしょー!!!!!

ピッツァの本当の食べ方知ってます?

日本ではピザはもともとカットされており、一枚をみんなで分けてたべますよね?

 

しかし本場ピッツアのイタリアでは・・・

ナイフとフォークで食べるんです!!!

 

なぜかというと、日本みたいに一枚をみんなで食べるのではなく、

一人一枚食べるのが普通とされています。

日本でラーメンをみんなでシェアしないですよね?そんな感覚です。

ですからカットされておらずナイフでカットしながら美味しく召し上がる♪というわけなのです。

 

それでは動画を見ておいしく召し上がれ〜

みんな大好きピッツァ・ロマーナ♡

いかがでしたでょうか?

食べることが趣味の私ですがロマーナは最近はじめて食べて大好きになりました!

アンチョビは苦手だったのですが大好きなピッツァの上に乗っているならいくらでも

食べられそうです♡

ロマーナがおいしいお店がありましたら教えてくださいな♡